ハナ、「誰か家の前を通る犬はいないかなあ。」