ハナ、「お母さん、そこそこ。そこがかゆいの!」