ハナの辞書には、「遠慮」と言う言葉がない。
食べ物に対しては、ひたすらずうずうしい。

食卓にまで、顔を出すハナ。