近所の「金原用水」わきの柿の木に
止まっていました。まだ朝で寒かったので、
空気を羽に含んで寝ていました。