突堤の先にいたのは、羽根を広げた鵜でした。