無料ブログはココログ

« 頭隠して | トップページ | おNEW »

2011年12月 7日 (水)

じゃ~んけん

本日、BSネタなので、興味のある方のみお読みくださいね。

それだけだと、味もそっけもないので、ワンズの写真を載せておきます。

Pc050229_640x479

Pc050230_640x466

あいかわらず爆睡中・・・・犬だけにワンパターン・・・なんちゃって←あ、石を投げないでください

シーズングリーティングのカードも登場!チャリティーショップ『HIBARI』は。

O0120006011131716301_2 ←こちらをクリック

 

先日、ビーバー隊のお手伝いに出かけました。

お手伝いと言っても、ちょこまかと走り回るビーバースカウトを追っかけるなんて、とうてい無理

そこで登場したのが「じゃんけん」。

開会前にみんなが集まるのを待っている間には「グリコ」*1、集合しておしゃべりが止まらない時には「全員じゃんけん」*2で、しのぎました。

*1「グリコ」:ご存知の方も多いと思いますが、じゃんけんのグーで勝ったら「グリコ」(3歩)、チョキで勝ったら「チョコレート」(6歩)、パーで勝ったら「パイナップル」(6歩)進めるというもの。それぞれ「グ・リ・コ」「チ・ヨ・コ・レ・イ・ト」「パ・イ・ナ・ツ・プ・ル」と一文字ずつ言いながら進んでいきます。この時は、私対スカウトの対戦で、私に勝った子だけ進めるようにしました。

*2「全員じゃんけん」:とにかく勝敗が決まるまで全員でじゃんけん。9人でじゃんけんしたので、なかなか勝敗が決まらず、結構長く遊べました。

たかがじゃんけんですが、とっても偉大な遊び方です。何せ、小っちゃい子からお年寄りまで、ルールの説明がいらないし、バリエーションが多いので、ビーバー年代の子供たちなら、とりあえず右手をかざして「じゃ~んけん!!」といえば、すぐに集中してのってきます。

ビーバー年代だと、集中時間はほんのわずか、活動の隙間には、あきちゃったり、つまんなくなっちゃったり・・・・そんな時には、ぜひ、「じゃんけん」で隙間を埋めてみてくださいね。

ということで、じゃんけんのバリエーションをご紹介しておきます。(知っている人も多いと思いますが)

*「じゃんけんおひらき」:2人

①2人で向い合せになり、両足のかかとからつま先をぴったりくっつけた形で立つ。

②じゃんけんをして、負けたほうが足を開く。開き方は、つま先→かかと→つま先→かかと・・・と順番に開いていき、足が開ききって倒れたほうが負け。

じゃんけんが弱くても、体が柔らかいと有利かも。スカウトに教えておくと、暇なときに勝手にこれで遊んでいたりします。

*「あとだしじゃんけん」:1対多

①リーダーとじゃんけんをするが、対戦者があとだしをする。タイミングとしてはリーダーが「じゃ~んけ~んぽん」といって手を出した後に「ぽん」と言って対戦者が手を出す。

②この時、あらかじめリーダーは「わたしに勝ってください」とか「負けてください」とかの条件を出しておく。

③②で出した条件にあっていない人は、はずれていき、最後まで残った人が勝ち。

あとだしで勝つのは簡単だけど、負けるのは案外難しい。最初に「勝つ」パターンをやってからだと、なおさら難しいですよ~。じゃんけんのタイミングも、慣れるまではゆっくり、だんだんスピードを上げると、面白いです。

*ぬかしじゃんけん:2人

①「じゃんけんぽんぽん」で両手でじゃんけん。(両手が同じ形でも、違っていてもいい)

②次に「どっちぬかす」で一拍おき、「こっちぬかす」で、片方の手だけを引っ込める。

③この時、残ったもので勝敗が決まる。

たとえば、「じゃんけんぽんぽん」で、Aちゃんが右手グー、左手チョキ。Bちゃんが右手チョキ、左手パーを出したとすると、Aちゃんが右手、Bちゃんが左手を残すと、グーとパーでBちゃんの勝ち。Aちゃが右手、Bちゃんも右手を残すと、グーとチョキでAちゃんの勝ちとなります。どちらを残すか一瞬の判断で決まるので、はらはらどきどきです。(絶対に負けるほうを残しちゃったりします

たぶん、ここに挙げた以上にみなさんはご存じでしょうから、それをビーバーの隊集会で、スカウトを集中させたいときや、気分転換などに実施してください。

大人が仕掛ける場合のポイントは、大きい声でアクションを大きく「じゃ~んけん」と始めること。

全員いっぺんにくいついてこなくても、何人かが乗ってくれれば、勝ったスカウトを大げさにほめて盛り上げて・・・あ~ら不思議、いつの間にか全員がじゃんけんの虜に

たかがじゃんけん、されどじゃんけん。みんなを盛り上げるツールなので、どんどん使ってみてくださいね。

« 頭隠して | トップページ | おNEW »

ボーイスカウト」カテゴリの記事

コメント

ハナちゃんの目が、白目と赤目のマーブルで
ちょっと怖いのは私だけでしょうか。
すみません!食いつき所を間違えました。

私も殿さまのご意見に同感です 笑
ハナちゃん、目開けたまま寝るのかな?

じゃんけんも奥が深いんですね。
小学校のころ、階段を見かけるとじゃんけんして
グリコ、チョコレート、パイナップルってやってましたね 笑

使わせていただきます

>トノ

ハナの目が赤白なのは、ねむいのに、無理やり起きているふりをしようとしているからです。

顔が怖いのは、生まれつき????

>junjunさん

この時のハナは、カメラを向けたので、がんばって起きているふりをしているところです。
でもやっぱり、ねむさには勝てずに、こんな顔になっちゃってます。
・・・・・怖いですよね(爆)

じゃんけんって、いっぱい遊び方があって、面白いです。
年齢も体格も能力も関係なく勝敗が決まるところも、魅力ですね。

>kenkoudoさん

ベテランのkenkoudoさんに使っていただけるなんて、光栄です。

実はこの記事、自分の団の若手指導者に話した内容なんです。
ご参考になれば、幸いです。

小学生の頃、グリコ・チヨコレイト・パイナプルのジャンケンをしていましたよ。
チョコレ-トでなく、チヨコレイトでしたが…。
なお、小さい頃、グリコキャラメルは、あまり食べてことがなく、キャラメルは、カバヤ(岡山)でしたよ。

ジャンケン
定番ですね
全体以外に隣同士からスタートさせる1対1も、相手をどんどん変えて移動するので使います。

シールを同量づつ渡して、勝った子が負けた子の顔に貼り、シールが無くなるのを競うとか

飴(又は木の実やカード)を持たせて、勝ったら一個づつ貰う富豪ゲームに変えるとかでパーティーゲームにも使います。

ジャンケンの形も手だけじゃ無く、足や顔を使えば全身運動になりますね

>亀さん

カバヤのキャラメル・・・私の子供のころも、ありました!
私が小さい時はキャラメルは高級で、もっぱら駄菓子でした。
まして、パイナップルなど、缶詰以外は見たこともありませんでしたよ~。

>ちずやん

本当にじゃんけんって、いろいろ遊べて楽しいですよね。

じゃんけん交換も、よくやりました。(石やドングリを使って)

足でやる「足じゃんけん」や体全体でやる「大きいじゃんけん」なども、子供に受けますね(^.^)。
じゃんけんを考え出した人は、偉大だぁ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じゃ~んけん:

« 頭隠して | トップページ | おNEW »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本