365カレンダー 2017

  • 365カレンダー 2017
無料ブログはココログ

« 湯谷温泉 | トップページ | あてにならない »

2008年11月24日 (月)

湯谷温泉・その2

前日の続きです。

天然記念物の「馬の背岩」は、こんな風になっています。(ますます、わからないかもしれませんが・・・)

Cocolog_oekaki_2008_11_24_09_49

左側の赤い矢印の方から、下りて行きます。

前回載せたこの写真は、「大」と書いてある岩の階段を登りきったところから撮っています。殿は階段と階段の間の、低くなった部分に立っています。

Pb210038

馬の背岩から上流を眺めると、こんな感じです。

Pb210041_2 

遠くの建物が温泉街、手前の赤い橋はつり橋です。

岩が大きいため岩に囲まれた部分は、水がよどんでいました。

吊り橋は案外大丈夫な私ですが、こういう場所は苦手です。sweat01

殿はつり橋は苦手ですが、ここは大丈夫だそうで・・・人間の感覚って、面白いですね。

行程の前半で、すっかり盛り上がってしまいましたが、目的の「五平餅」を目指して、「ゆ~ゆ~あり~な」に向かいました。

先ほど見えた赤いつり橋から、馬の背岩を撮ってみました。

Pb210049

・・・やっぱりわかりにくいです。despair

このように写真下手な私ですが、あちこちの紅葉がきれいで、思わず撮ってしまいます。

こちらは、旅館の庭先の紅葉。

Pb210053

まだ青々とした葉のところもありました。

Pb210060

ここが色づいたら、とってもきれいだと思います。

途中で、こんな場所に出くわしました。

Pb210061

どうやら、プールの跡地のようです。

レジャー施設として作ったけれど、無駄になってしまったんですね。

ちょっとわびしさを感じましたが、柄にもなくわびしさを感じたのは、おなかがすいていたためなのかもしれません。

「お腹が空いて、元気がでない~」と私がぐずぐず言い始めたころ、目的地に到着。

Pb210077

やっと「五平餅」にありついたのでした。happy01

こちらが「五平餅定食」¥850。

左下の田楽っぽいのが「五平餅」です。

ご飯を軽く搗いて、2㎝位の幅の板にくっつけてあぶったものに、甘辛い味噌を塗って、さらにあぶってあります。

これもおいしかったのですが、右下の「お蕎麦」が大好きな田舎そばタイプで、大満足heart04でした。(殿はなぜか「豚の生姜焼き定食」・・・こちらも、美味しそうでした)

目的を達したので、ご機嫌で駅に向かいました。

Pb210093

途中で、列車に遭遇。

走る列車の撮影は、これまた難しいsweat01

飯田線は1時間に1本しか列車がないので、こんなことをして遊びました。

Pb210096

堂々と線路に入り込んで、写真を撮っています。

簡単に線路に入れちゃうのも、飯田線ならでは??(良い子は真似しないでください!)

今回は、せっかく温泉地に行きましたが、殿が風邪気味だったこともあって、入浴せずに帰って来ました。

ちょっと残念でしたが、滞在した時間3時間ほどで、の~んびりちっちゃな旅気分を満喫しました。

長々お付き合い、ありがとうございました。

Pb210164

浜松に帰りついたら、駅前のイルミネーションが出迎えてくれました。 

« 湯谷温泉 | トップページ | あてにならない »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

相変わらず、ラブラブデートですねぇ。^^v
殿の具合も良いようで長引かず良かったですね。
五平餅も食べられたしミニ旅満喫出来ましたね。
私の出身の会津では、しんごろうと言う食べ物が
あるんですが、五平餅にとっても似ています。
こちらは、甘いゴマみそを付けて焼くんですよ。
なつかしいなーっ、食べたくなってきました。笑っ

>naruppeさん

殿は、風邪気味でも「もったいないから遊びに行く」と出かけました。
長距離歩くコースは無理なので、今回のコースはちんまりしていて、よかったようです。(お年寄り向き?)

「しんごろう」ですか、こういう素朴なものって、突然食べたくなりませんか?
私は今回、この五平餅がやたら食べたくなりました。そのために、ここに行ったという噂も(笑)

こんばんは!
殿が風邪ひきとは…。でも、「いい夫婦の日」でしたね。
馬の背岩のようなところは遠くを見てサッと行けばいいんですよ!
と登山のときにいつも他の人から言われる亀さんでした…(苦笑)

五平餅は初めてだったのでしょうか?
私は母が飛騨の出身でもあり、子どもの頃は自宅でも作ってもらった記憶があります。ポイントは何と言っても「ミソ」ですね。
木曽方面では餅の形が違う地域もあります。

どーでも良い情報として、新城の山奥には愛知連盟の野営場があります。WB研が行われる場所です。

>亀さん

殿が風邪気味だったので、私には楽な旅でした。(元気だと、コースが長くなるのでsweat01

馬の背のようなところは、本当に苦手です。
「落ちるんじゃないか?」と思ったとたん、足がすくんで動けなくなってしまいます。
ここを渡るときも、必死でしたweep

>blue_serowさん

以前は、鳳来寺にドライブcarして、五平餅をいただく・・・というイベント(?)を年に1回はしていたのですが、ここのところご無沙汰だったので、突然食べたくなりました。happy02
記憶だと、もうちょっと焦げ目が付いていたように思いましたが、味噌が美味しかったです。

私のいる地区でも、愛知県の野営場の研修所に参加される方もいらっしゃいます。(うちの団のよっしー副長もそこの研修所出身ですよ)
隣の県といっても、案外近いんですよね。

五平餅、デザートではなく食事としても出されるものなんですね!

どう考えても釣り橋より怖そうな岩場を歩いてらっしゃるご主人・・・不思議です(^-^;
でも本当に素敵なところですね。
私もいつか主人と行ってみたいなぁ・・・

>makiさん

今回の定食の五平餅は、大ぶりでしたので、主食としてもOKでした。
でも、以前露天などで頂いたのは、もう少し小ぶりだった様な気がします。(食堂なので奮発したのかな?)

ね、殿の感覚って不思議でしょ?
「高さがなければ、大丈夫」だそうです。・・・やっぱりわかりません。

今回は2回に分けてレポートしましたが、温泉街自体は小さいです。
周囲の観光スポットと併せてお出かけになるといいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202244/43208786

この記事へのトラックバック一覧です: 湯谷温泉・その2:

« 湯谷温泉 | トップページ | あてにならない »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本