365カレンダー 2017

  • 365カレンダー 2017
無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

恒例の・・・

今朝がた、大雨で目が覚めました。

いや~、びっくりしました。

水害のあった神戸や金沢も、こんな感じだったのでしょうか?

幸い降っている時間は短かったので、特に被害は出ませんでした。

雨のおかげで、久々に涼しい朝で、シロdogはたっぷりお散歩に行きました。

な~んて、のんびりムードを出して見ましたが、この時期は、ドタバタ、あたふたしております。

何故なら、ボーイ隊のメインイベント「夏キャンプ」が迫っているからです。

今回は、県外に出るため、昨年よりさらに、下準備が必要です。

キャンプ場には冷蔵庫がないし、ちょっと買いに出る場所もないので、メニューにも工夫が必要です。

毎年恒例のことなのですが、いつまでたっても慣れません。

ということで、皆さんのブログにお邪魔しても、コメントを残せません。

とっても残念ですぅ~。

2008年7月30日 (水)

男の子って・・・

今日、近所の酒屋さんに行ったら、とっても久しぶりにKMさんとお会いしました。

KMさんは、数年前までBS副長だった方で、息子さんのSくんは若(息子)のCS、BS時代の先輩です。(KMさんにもSくんにも、お世話になりました~note

本当に久しぶりだったので、BS話とお互いの子供の話で盛り上がりました。

Sくんは、大学進学とともに一人暮らしを始めたのですが、「困った時にしか連絡をよこさない。」そうです。

我が家の若も、こちらからメールmailをすれば、「わかった」とか「了解」とかの短い文章は返してくれますが、あちらから連絡をよこすのは「米がない!」(我が家の仕送りは現金+お米なので)とか「デジカメが必要なんだけど・・・」とか「○○を無くした」とか、やはり困ったときだけです。

そういえば、若と同級生のTくんのお母さんも「自分が何か必要な時だけ、連絡をよこすけど、普段、私がメールを送っても、返事もよこさない。sweat02」と言っていました。

私の同級生の息子さんなどは、「何も言ってこないし、メールしても返事よこさないし、消息不明よannoy」とお怒りでしたっけ。

若だけがそっけないのかと思っていたら、男の子って、みんなそんな感じなんですね。

ちょっと安心しましたが、一人暮らしの男の子の皆さん、家族からのメールには、なるべく早くお返事してくださいね。

たとえ「ほ~い」のひとことでも、母親は安心しますからねぇ。よろしく!

2008年7月29日 (火)

暑いので・・・

毎日、暑いですねぇ。

ご近所の方とも「今日も暑いですねぇ」というのが、「こんにちは」の代わりになっています。

それでも、今朝はいつもに比べて、すこ~し涼しかったので、シロは庭でくつろいでいました。

20080729110703_2

でも、位置が微妙?!

そんな日向sunに近いところで寝ころぶ意味があるの?

携帯で写真を撮っていたら、「撫でて!」とアピールしてきましたが、丁重にお断りさせていただきました。(だって、やっぱり外は暑いんですよぉ)

とはいうものの、しばらくしたら家に入ってきました。

やはり、暑かったようです。

まだまだ、暑い日が続きます。

熱射病などに、ご注意くださいね。

2008年7月28日 (月)

悪条件下で・・・

以前から書いているように、ボーイスカウトでは「キャンプファイヤー」は「教育手法」の一つと考えられています。

ということは、その「効果」を最大限に発揮するように、場所の選定やプログラムの運営が重要になってきます。(以前の記事は→こちら

ところが、今回、諸事情あって、一般の皆さんが利用するキャンプ場で、ファイヤーをすることに・・・・。

一般のキャンプ場でも、キャンプファイヤー場がサイトから離れていたり、他の人が立ち入りにくい場所にあったりところもあるのですが、今回利用したキャンプ場のファイヤー場は、テントサイトのすぐ側でした。(場所はキャンプ場が指定)

テントサイトからのざわめきが聞こえるなかでのスタート。

こちらの不安を打ち消すように、スカウトたちは厳粛に入場、班長達による点火、歌、班のスタンツ・・・とプログラムは、順調に進行していきました。

プログラムが半分ほど過ぎたころ、子供の団体が、やってきました。

引率している大人が「いいか!あそこでやっている人たちの邪魔にならないように、静かにしろ!」という声が、でかい!annoy

そして、私たちの輪のすぐそばで、花火を始めました。annoyannoy

当然、花火の光や音・子供たちの歓声・煙・・・・どれも、こちらのムードを台無しにするものです。

私はこの集団の指導者のデリカシーのなさに、かなり腹を立てていました。angryannoy

で、スカウトたちはというと・・・・。

気をそらせることなく、エールマスターの進行に合わせて、歌い、スタンツを披露し、ゲームを楽しみ・・・・最後に隊長のお話を聞いて、何事もなかったかのように、静かにファイヤーを終えたのでした。

ここに、私はスカウトたちの底力を見ました。

かなりの悪条件(私が経験した中でも、最悪)でも、参加者の意識が高ければ、「楽しいファイヤー」(バカ騒ぎをするという意味ではありません)が実行できることを、彼らは証明してくれました。

これも、ビーバー、カブ年代から、年に何回かのキャンプファイヤーを経験し、その「意義」(仲間との連帯を図る)を汲んでいるからこそ、だと思います。

花火騒ぎに気を取られた私は、スカウトより、ずっと「意識が低い」参加者だったと、スカウトを誇りに思うとともに、自分の未熟さを思い知った出来事となりました。

P7260093

←は花火の煙の中で、寸劇中のVSスカウト。

 煙のすごさが、わかっていただけますか?

2008年7月27日 (日)

帰還

帰還
帰ってきました。

荷物の片付けが、まるごと残っているのですが、まずは、シロとご挨拶。

強制的になでさせられています(^_^;)

2008年7月26日 (土)

野営の楽しみ

野営の楽しみ
設営も夕飯も終え、営火までのひととき。

本部でコーヒーを味わっています。

こういう時間が、キャンプ生活を楽しくしてくれます。

2008年7月25日 (金)

明日から

ボーイ隊のプレサマーキャンプです。

私がブログで、ビーバー隊のことを取り上げるので、どうも、ビーバー隊のリーダーだと思われていそうですが、実は、ボーイ隊の副長です。

今回は、今まで使ったことのないキャンプ場なので、いまいち勝手がわからないのですが、サイトの予約はできているので、ま、なんとかなるでしょう。

サマーキャンプをにらんで、装備の点検や、技能の確認、カブから上進してくる後輩たちの値踏み・・・・と、班長・次長は、なかなかたくさんの課題を抱えていますが、これも、ま、なんとかなるでしょう。

明日の暑そうなので、熱中症にも気をつけなくてはなりませんが、これも、ま、なんとかなるでしょう。

で、なんとも不安なのが、2日目の「ゲーム」。

「地形を利用したワイドゲーム」ということなのですが、(下見に行ったのに)いまいちロケーションを把握していなくて、しっくりきていません。

明日、暇を見て、ゲームの組み立てを完成させなくては!!

はっきり言って、なんともならない・・・・かもcoldsweats01

2008年7月24日 (木)

忘れてた!

本日「土用の丑」の日ですね。

この日に「うなぎ」を食べるのは、平賀源内が画策したことだとか・・・。でも、やっぱり世間の風潮にならって「ウナギのかば焼き」が食べたいですよねぇ。

当地は「うなぎ」で有名なのですが、今朝、ニュースを聞くまで、すっかり忘れてました。

ヨガの帰りに、近所の魚屋さんに寄って、かば焼きをゲットしようと思っていたのですが、時間が早くて、まだ、焼いていませんでした。

ウナギのためだけにもう一度出直すのも癪なので、冷凍庫の中を探ったら「ウナギの白焼き」が1本だけ、出てきました。

ということで、これとごぼうで「ウナギの柳川風」を作り、とりあえず「土用の丑の日」のイベントとしたのでした。

殿は「柳川風でもおいしいよ」と言ってくれたけど、今年は、もう一回「土用の丑」があるそうなので、その時は、ちゃんと「かば焼き」を用意するからね。

*東北地方で、また、強い地震がありました。被害にあわれた方に、お見舞い申し上げます。

2008年7月23日 (水)

お初

今日、スマイルさんから、ゴーヤをいただきました。

20080723172625

3本も!しかも、立派!

スマイルさんは、今年の春から家庭菜園を借りて、どんどこ野菜を作っています。(その様子はこちらでご覧ください)

実は我が家では今期「初ゴーヤ」です。

さっそく、なんちゃって「ゴーヤチャンプルー」にしていただきました。happy02

なんで、「なんちゃって」なのかというと、玉ねぎやニンジンが入っているのに、卵も豆腐も入っていません。

味付けは、塩・コショウ・出汁醤油・ちょっぴり砂糖だし・・・・。

たぶん、本場のゴーヤチャンプルーとは、まったく違うものだと思います。

沖縄の皆さん、ごめんなさい。

でも、結構おいしかったです。

スマイルさん、ありがとう!(また、美味しい野菜を待ってま~す)

2008年7月22日 (火)

おみそれしました

昨日、一昨日とビーバー隊のキャンプに参加してきましたのは、ご存じの通りです。

前回の隊集会で隊長が狙った「自分たちで考えたキャンプに楽しく参加するという意識を持つ」という効果が、どんなふうに表れているかに、とっても興味がありました。

スカウトたち、のりのりです。(行きすぎて、暴走気味?)

約束通り、「何がして遊べるか」を考えるために、キャンプ場内を探検に行って・・・・全員びしょぬれで帰って来ました。

どうやら、ひたすら「川で遊ぶ」ことになったようです。(せめて、着替えてから遊んでよぉ)

これで、遊びに対するモチベーションはアップ!

で、次には、キャンプファイヤーの出し物決め。

ここでも「出し物はスカウト自身が決める」という、隊長の方針が貫かれ、「もし、アイディアが出なかったら・・・」と副長がこっそり用意した寸劇は、出番なしでした。

みんなで決めた演目は「世界のナベアツ」と大西ライオンの「心配ないさ~」(分からない方は、ネットで検索してくださいね)でした。

スカウトたちは真剣にセリフの順番を決めたり、練習したり・・・・。

キャンプファイヤーへのモチベーションも、これでOK!

もちろん、夕飯作りも、自分たちで決めたメニュー、自分たちで収穫した野菜なので、積極的に作る、作る!食べる、食べる!

うう~む、すごい!

さらにすごかったのが、「流しそうめん」。

普通なら、竹などを使って、リーダーや団委員、保護者などの大人が装置を用意することが多いのですが、今回は、牛乳パックを使って装置を作りました。

スカウトたちに「ちゃんと準備をしないと、流しそうめんが食べられないぞ」と、牛乳パック工作をさせてから、さわのぼり&水遊びに出発しました。

そのあと、お父さんたちが牛乳パックをくみ上げてくれて、できた装置がこちら。

P7200455

水遊びから帰ってきたスカウトたちのモチベーションが上がりまくったのは、言うまでもありませんでした。

こんな風に、最初から最後まで「スカウトを積極的に参加させる」仕掛けがちりばめられていて、本当に「自分たちで作った、楽しいキャンプ」を楽しむことができたと思います。

隊長はじめ、ビーバー隊リーダーさんたち、すばらしいプログラムを拝見させていただき、ありがとうございました。

ビーバースカウトの実力を、過小評価していた自分を再認識しました。

しっかし、うちの団のスカウトは、ビーバーといえども、はっきりきっぱり自己主張!ですね。coldsweats01

2008年7月21日 (月)

「ねずみ」の犬

うちの団では、スカウト以外で隊集会にやってくる子供を「ねずみ」と呼びます。

多くはスカウトの弟や妹で、赤ちゃんや幼稚園の子供を表しますが、スカウトのお兄ちゃんやお姉ちゃんでもその隊のスカウトでなければ「ねずみ」と呼んでいます。

で、昨日・一昨日のビーバーのキャンプでは・・・・・・。

P7190317

このお方も、参加。

イヌなんですけど「ねずみ」です。

普通、ねずみちゃんというと、保護者さんにお世話をお願いするのですが・・・。

この「ねずみ」は大ねずみのお姉さんに、お世話になっていました。

P7190314

とっても、満足そうです。

初日はこのお姉さんに付き添ってもらって、太田山をあちこち探索したシロ。

2日目は、すっかりスカウト気分でした。

P7200397

お姉さんは参加していなかったので、フリーでどんどん参加してきます。

P7200463

水遊びの時も、この通り。

P7200494_2

スカウトもシロとの距離の取り方がわかって、側に来ても、怖がったり、不用意に手出しをしたりしないようになりました。

P7200584

普段は家の中でぐたぐたしているシロも、すっかり山の自然が気に入ったようです。

快く受け入れてくれたビーバー隊の皆さん、ありがとうございました。

*今回のキャンプで、本当に感心した出来事がたくさんあったのですが、記事にするには熟成期間が必要なので、もう少しお待ちください。

2008年7月20日 (日)

ただいま

ただいま
ビーバーのキャンプから、無事帰ってきました。

お付き合いしたシロは、爆睡してます。(^-^)

ビーバー隊の皆さん、ありがとうございました。

2008年7月19日 (土)

ひとまず

ビーバーのキャンプに、お邪魔してきました。

今回は、ビーバー隊専属カメラマンの殿の運転手ですので、気軽にお邪魔してきました。

シロdogも連れて行ったので、私はほとんどシロと遊んでましたhappy02

ビーバースカウトたちは、みんな、めちゃくちゃ元気sign03

いやぁ~、ビーバー隊のリーダーさんたち、すごいなぁ。

色々、すごいなぁ・・・と思った場面があったのですが、それは、後日ご報告します。

とりあえず、本日は、ここまで・・・。

とにかく、みんな元気で、キャンプを楽しんでいることだけ、ご報告しておきます。

2008年7月18日 (金)

工事中

工事中
現在、エアコンの取り付け工事中です。

シロは工事のお兄さんに興味深々で、邪魔ばかりするので、二階に隔離されてしまいました。(^^;)

古いクーラー(エアコンではない)の裏から、若が作ったと思われる紙飛行機が!

恥ずかしい〜〜〜(@_@)

以下、記事を追加しました。******************************************

工事は無事終了しました。

シロも二階から解放され、今は、こんな感じです。

20080718195415

今回、無用の長物と化していたクーラーを実動向きのエアコンに変えたのは、すっかり「室内犬」仕様になってしまったシロのため・・・・って、本当は、帰宅した殿がこの家の暑さに耐えられないから・・・ということは、内緒です。

おまけ

10年ぶりくらいに救出された、若の紙飛行機。

20080718143135

ほこりまみれでしたが、工事のお兄さんは丁寧にシートの上に置いてくれました。(何にも言わずに・・・)

こういう気遣いをしてくれる方の工事ですから、きっと、エアコンは長持ちしてくれるだろうとおもいます。heart04

2008年7月17日 (木)

キャンプファイヤーの寸劇 リーダー編その2

この季節は、やっぱりキャンプファイヤーねたが増えてしまいます。

前回は指導者向けの「真面目な」寸劇をご紹介しましたので、今回は「昔話」の寸劇をご紹介します。

*ももたろう班長(CS以上)

みなさん御存知の「ももたろう」ですが、ももたろうは「ボーイスカウト」という設定です。

途中で会う「イヌ」「サル」「キジ」もスカウトで、それぞれ「地図が読める」「ロープワークが得意」「手旗ができる」というスカウト技能の持ち主です。

鬼が島まではイヌが地図とコンパスで案内し、鬼の様子を偵察に行ったキジが手旗で様子を知らせ、サルがロープワークでももたろうを鬼の城に招き入れる・・・という展開です。

鬼退治は、元のお話のようにチャンバラでもいいのですが、「キムス」など、スカウトにおなじみのゲームでつけてもいいでしょう。

動物たちはももたろうのことを「班長」(組長)と呼び、みんなで「パトローリング」を歌いながら、鬼退治に行く・・・という演出も、結構受けます。

これはボーイスカウトの要素を取り入れてあるので、BVSではちょっと無理ですが、CS年代でも、十分楽しめると思います。

ただし、手旗やロープワークはいい加減だと、スカウトから突っ込みが入りますので、キジ役は手旗の練習が必要・・・かも。

*サギの恩知らず(BS以上)

「鶴の恩返し」のパロディです。

ある日お爺さんが、罠にかかった一羽の鳥を助けます。

お爺さんが、家に帰ってお婆さんにそのことを話すと「きっと、恩返しに来てくれますよ」とお婆さんがいいます。

二人がわくわくして待っていると、一人の娘がやってきます。

その娘は、「恩返しに機織りをしたい。絶対に部屋を開けないでください。」と言って部屋にこもります。

で、部屋にこもったその娘は、手当たり次第に金目の物を風呂敷に包んで、逃げてしまいます。

わくわくして娘が出てくるのを待っていたお爺さんとお婆さんが、部屋があまりに静かなのを気にして、部屋を覗くと、部屋は空っぽ。

「あれは、鶴じゃなくて、鷺(詐欺)だったのかぁ!」と嘆いて、おしまいです。

*この寸劇は、以前VS隊が演じてくれました。ちょっと複雑な落ちですので、笑いが来るのに、ワンテンポかかりました。でも、私は大好きなので、紹介させていただきました。

2008年7月16日 (水)

びっくらこいた、びっくらこい~た~

今日の午前中、ポチポチパソコンをたたいていたら、家の前の道路をミニパトがすぅ~っと通って行きました。(パソコンが窓に向かって置いてあるため、外がよく見えるのだ)

へぇ~っ、珍しいこともあるもんだ…と思っていたら、しばらくして、今度は普通のパトカーがすぅぅ~。

我が家の前は一方通行なので、交通量も多くないし、駐車違反だって、そうそうありません。

で、ふと気がつくと、上空ではヘリコプターの音が、やけにうるさい!

以前、天皇陛下が当地にお見えになったときを思い出しましたが、今回、そのようなことがあるという情報は、つかんでおりませんでした。

「変だなぁ」と思っていると、また、パトカーがすぅぅ~。

これは、絶対何かあった!と思って、ラジオをつけましたが、特に目新しい情報もなく、インターネットでも、めぼしいものはない・・・。

一体全体、何事??と思いましたが、しばらくすると、ヘリの音もしなくなりました。

後でわかったのですが、この騒ぎのもとは「ご近所の郵便局postofficeに強盗が入った」ということでした。sweat01(お昼のローカルニュースで知りました)

幸いけが人もなく、職員さんの激しい抵抗(木刀を振り回し、物を投げつけたそうな)で、犯人は何も取らずに逃亡したそうです。

「そりゃ、大事件だがね!」ということで、とってもびっくらこきました。(犯人はまだ捕まってないので、安心はできないんですが)

で、先ほど、自分の団のHPに行ってみて、またもびっくり!

今まで、ブルーの表紙だったのに、いきなり「真赤」になってました。

あまりにも、鮮やかな赤だったんで、間違ったところにアクセスしてしまったかと思いました。coldsweats01

どうやら、管理人さんが「入団案内」のページを入れたついでに、ちょこっとリニューアルしたようです。(よかったら、こちらでご確認ください)

ということで、本日、びっくらこいた、2連発でした。

あ、そうそう、もういっこ。

最近ブログ上でお知り合いになったblue_serowさんとうちの団のBVSの副長が、同じWB研修所出身だということが、本日判明しました。

不思議なご縁ってあるんですねぇ。

と、これも「びっくらこいた」ことなのでした。

・・・・・・・・おそまつ!

2008年7月15日 (火)

そわそわ

本日、団リーダー会。

最近、皆さんお忙しいようで、開始時間をかなり過ぎてから、ぼちぼち・・・という集合具合。

本来なら、リーダー研修なのですが、それぞれ7月の隊集会の打ち合わせになってしまいました。

なにせ、7月はビーバー・カブは「夏キャンプ」、ボーイは「プレサマーキャンプ」なので、気合が入ります。

ベンチャーも「ボーイ隊支援プロジェクト」に合わせて、プレサマーキャンプに合流する模様。

そのうえ、9月の頭のあるイベントの話も飛び出し、何だか、みんなうきうき、そわそわ。

かくいう私も、プレサマーキャンを飛び越えて、サマーキャンプのメニューの検討をしてもらいました。

さてさて、ビーバー、カブは今週末にお待ちかねのキャンプ。

私は殿の関係で、ビーバーのキャンプには、顔を出す予定です。

楽しみだぁ。heart04

2008年7月14日 (月)

すみませ~ん

今日は地域の「よちよち広場」の日だったのですが、さぼってしまいましたdespair

もともと「ヒマな時だけ遊びに来てくれればいいよ」とお誘いいただいたので、「今日はお暇じゃない」ということで・・・sweat02

毎年のことながら、この時期は年度末(BSの年度は9月~8月が多いです)に当たるので、何だかバタバタと落ち着きません。

その上・・・・・。

20080714223154_2

こんなお方も出現しますので、やらなきゃならないことが山積みな割には、はかどりません。

相変わらず蒸し暑いし、かなりだらけてしまった週明けとなりました。coldsweats01

よちよちのスタッフの皆さん、ごめんなさ~い。

2008年7月13日 (日)

原点に返って

キャンプファイヤーについて、いろいろ記事にしてきましたが、もう一度「キャンプファイヤー」について、考えてみました。

ボーイスカウトでは、キャンプファイヤーというのは、教育的意義が大きいので、ある程度パターンが決まっているように感じます。

私自身、スカウトハンドブック、インターネット、他の方が主宰されたもの・・・などを参考に、自分のファイヤーを組み立ててきましたが、最近「こうじゃなきゃいけない!」という考えにとらわれてしまっているようです。

もちろん、静かな環境で、すばらしいエールマスターで、手なれた参加者で行われるファイヤーは、すばらしいものでしょう。

でも、そこには「面白味」が足りないような気がします。

それより「不慣れだけど一生懸命なエールマスター」や「ファイヤーの経験が少ない参加者」、「初めてファイヤーでのゲームに挑戦するリーダー」など、一見、不利な条件のもとで行われるキャンプファイヤーの方が、ドキドキ、わくわくがいっぱいで、「楽しい」ファイヤーになりそうです。

エールマスターが、途中で順番を間違えても、参加者の歌が不ぞろいでも、ゲームが必ずしもうまくいかなくても、その場の「一体感」が味わえれば、それで「大成功」だと思います。

ということで、いよいよ夏キャンプのシーズン到来ですが、はじめてエールマスターに挑戦する方、はじめてキャンプファイヤーに参加する方、はじめてキャンプファイヤーでゲームや出し物に挑戦する方、とにかく「キャンプファイヤーを楽しみましょう!」

2008年7月12日 (土)

あぢぢぢぢ・・・

本日、久々の(?)猛暑sun

全国ニュースで「浜松市で最高温度37℃超え」と報道されてました。

ただし、この地点は、一昨年までは別の市でした。

一昨年までは「T市で最高気温○○℃」とよく報道されていた、同じ地点なのですが、昨年から「浜松市で最高気温○○℃」と報道されます。

私の住んでいる旧浜松市では、たぶんそこまでは、高温じゃなかったと思います。

でも、暑かったです。

お盆なので、久々にお墓参りにでかけましたが、お墓を洗うついでに、自分も洗いたかったですsweat01

こんなに暑いのに、いまだに梅雨明けじゃないそうで・・・down

ってことは、夏本番は、もっと暑いってことsign02

地球温暖化を危惧しつつも、クーラーのスイッチに手が伸びてしまう、軟弱な私です。

2008年7月11日 (金)

整理しました

サイドバーに設置している「お気に入りリンク」を整理しました。

右に「ボーイスカウト関係」、左に「お友達」を配置したのですが、よ~く考えてみたら、オーバーラップする方もたくさんいらっしゃいました。

ちゅうすけさんはBS関係だけど、本好きのお仲間だし、さりすけさんはアメリカでDLをされているけど、ブログは日常の話題が多いし、お知り合いになってから判明したのですが、naruppeさんの旦那様は元スカウト・・・。

さんざん悩んで、私の感性で「適当に」sweat01振り分けさせていただきました。

「私は、こっちのグループじゃ.、いや!」という方は、ご遠慮なく申し出てください。

これからも、よろしくお願いします。

2008年7月10日 (木)

本日のお買いもの

先日のキャンドルナイトさわぎで、すっかりキャンドルがお気に入りな私。

本日、こんなものを購入しました。

20080710231856

カエルinキャンドルheart04

カエルのつぶらな瞳がたまりません。

火をつけると、カエルが溶けてしまいそうなので、しばらくは眺めるだけになりそうです。

本日は、筋伸ばしのため、やや疲れ気味・・・・もう、寝ますsleepy

2008年7月 9日 (水)

キャンプファイヤーの寸劇 リーダー編

前回、BVS年代での寸劇が受けた(?)ので、調子に乗って、続編です。

キャンプファイヤーではリーダーも寸劇を披露します。

スカウトたちに与えたのと、同じテーマ(昔話とか楽しい集いとか・・・)でもいいのですが、たまには、スカウト関係の寸劇はいかがでしょう。

ということで、二つご紹介します。

*アンノウン・スカウト(unknown scout)

(あらすじ)アメリカから来た旅行者(ボイスさん)が、霧深いロンドンで道に迷い、一人の少年に親切に道案内をしてもらいます。ボイスさんは、お礼をしようとしますが、その少年は「自分はボーイスカウトであり、人に良いことができて、うれしです。ボーイスカウトは、いいことに対するお礼はもらいません。」と言い、名前も告げずに去って行きます。その少年の行為に感動したボイスさんは、アメリカにボーイスカウト活動を広めました。

ボイス役がいかにも道に迷った風に、登場。(「初めてロンドンに来たけれど、こんなに霧が出て、道に迷ってしまった。」)

そこに、子供が走ってくるのでボイスさんは声をかけますが、子供は恥ずかしがって、走り去ってしまいます。

次に、会った子供たちは、「道案内をしてもいいが、いくらくれる?」と聞きます。ボイスさんが考え込んでいると、子供たちは、走り去ってしまいます。

困ったボイスさんが、歩いて行くと、「何かお困りですか?僕でお役に立てませんか?」と一人の少年が声をかけてきます。

ボイスさんは、道に迷っていることを話すと、少年は、喜んで目的地まで道案内をしてくれました。

ボイスさん「ありがとう。とても助かったよ。(ポケットを探ってお金を差し出すしぐさ)これは、親切にしてもらったお礼だよ。」

少年「いえ、僕はボーイスカウトです。ボーイスカウトは良いことをするのは当たり前です。だから、お礼はいりません。」(少年、走り去る)

ボイスさん「君、名前は?・・・・・ああ、行ってしまった。でも、なんてすばらしい子どもなんだ。ボーイスカウトと言っていたな。よし、ボーイスカウトのことを調べよう、そして、アメリカにも、ボーイスカウトを広めよう。」(退場)

*最初の方に出てくる不親切な子供たちは、「アンノウン・スカウト」との対比のために登場させています。(必ずしも、必要ではありません)

わかりにくいと思われたら、ナレーションを入れて、補足してもいいと思います。(CS向け)

*アンノウン・ソルジャー(unknown soldier)

(あらすじ)第2次世界大戦も終わりのころ、太平洋の南の島で、日本と戦っていたアメリカの兵士が、重傷を負って、倒れていました。そこへ、日本の兵士が通りかかり、アメリカ兵は覚悟を決めました。しかし、気が付いてみると、傷は手当がされていて、一通の手紙が残されていました。その手紙には「あなたが三指の礼をしているのを見て、自分が子供のころスカウトだったことを思い出しました。スカウト同士は兄弟です。それに、スカウトは傷ついた人を殺すことはできません。傷の手当てはしておきました。グッドラック。」と書かれていました。その後アメリカ兵は、無事帰国しました。この手紙を書いた日本兵を探しましたが、とうとう見つかりませんでした。

基本的に、アメリカ兵の役と日本兵の役の二人だけで演じることができます。

アメリカ兵、敵に追われて逃げている(この時、状況説明を入れる)。

「あ、やられた」と言って倒れる。

日本兵、あたりをうかがいながら登場。

アメリカ兵を発見して、銃を突き付けながら近づくが、「はっ」として、傷の手当てをし、手紙を書いて立ち去る。

アメリカ兵、気がついて手紙を読みあげる。

その後、アメリカに無事帰国し、戦後、この日本兵を探したが見つからなかったこと、この話が「アンノウン・ソルジャー」の話として、語り継がれたことを話す。

*戦争の場面に、兵隊を何人か登場させたり、銃撃戦の音を演出し手もいいでしょう。

説明的なセリフが多くなるので、登場人物のせりふはなるべく少なくして、最初と最後にナレーションを入れてもいいと思います。(BS向け)

二つともBS関係者には、大変有名なお話です。

今回は、記憶を頼りに書いていますので、是非、原本もひもといてみてください。

キャンプファイヤーの最後の方に、ちょっと真面目な雰囲気で、演じると、スカウトのキャンプらしくなって、いいですよ。

2008年7月 8日 (火)

ここは?

グリムスのキーワード「洞爺湖サミット」なんていかがでしょう?

実は昨日から、グリムスのバックが変わりました。

Photo

湖に島が浮かんでいます。

七夕のイベント?と思いましたが、今日になっても同じ絵柄ですので、たぶん「洞爺湖」だと思います。

サミットに合わせての、イベントなんですね。

各国首脳の皆様が、世界の情勢について、あれこれと話し合っていらっしゃるようです。

「環境サミット」と名付けられているだけあって、「地球温暖化」などについても話し合われているようですが、それぞれ利害関係があって、一筋縄ではいきそうにもありませんねぇ。

ま、首脳の方々にはグローバルな視点で頑張っていただくとして、私たち庶民は、庶民レベルでコツコツ頑張りましょう。

環境改善のための努力は地味で終わりが見えないものですが、とにかく地道に続けること・・・これが大事ですよね。

Photo_2

そうそう、もうひとつ、グリムスのご報告。

グリムスの木にカーソルを持って行くと、その木が何本目かが表示されるようになりました。

私は、4本目。

ちょっと自慢です。

2008年7月 7日 (月)

せめてもの

「100万人のキャンドルナイト」もいよいよ今日が最終日です。

今まで、なんちゃって状態だったので、最終日くらい真面目(?)にキャンドルナイトを実施することにしました。

20080707201310

色々用事を済ませてから・・・と思ったら、ちょっと8時過ぎになってしまいましたが、この日のために購入した(某100均でsweat01)キャンドルに点火しました。

もちろん、部屋の明かりもTVもパソコンもスイッチOFF。

窓もカーテンも開けて、しばらく夕涼みを楽しみました。

ロウソクの炎って、見ていて飽きませんねぇ。

時々通りかかる人のおしゃべりや、鼻歌などに耳を傾けながら、ぼ~んやりと過ごしました。

が、根っからの貧乏性の私・・・・1時間もしないうちに、何だか落ち着かなくなりましたので、もう一つのキャンドルに点火。

20080707202408

不自由ながら、本を読むことにしました。(他にやることを思いつかなかったwobblyI)

最初は読みづらかったのですが、慣れれば案外読めるもんですね。

時々目を休めながら、10時まで本の世界を楽しみました。

本当なら、毎日、こんな静かな時間を過ごせたら良かったのですが、やっと最終日になって実現できました。

最後にもう一度窓を開けて空を眺めましたが、あいにく、星は見えず・・・。

でも、いつもと違った落ち着いた2時間を過ごすことができました。

「100万人のキャンドルナイト」の期間は終わってしまいましたが、1日に30分だけでも、キャンドルに灯りをともして、ぼぉ~っとする時間がとれたらいいなぁ。

2008年7月 6日 (日)

定番はマンネリに非ず

本日、ビーバー隊の隊集会を覗きに行ってきました。(写真係の殿の代理です)

ビーバー隊では基本的にキャンプはしないのですが、スカウトや保護者のリクエストもあり、1年間みんなで頑張ってきたご褒美の意味もかねて、7月に1回だけキャンプ(舎営)をします。

そして、そのキャンプの前には「キャンプの準備」の隊集会を開くのが定番です。

この「キャンプの準備」隊集会は、団発足時にビーバーの隊長だったスマイルさんと副長だった私が「ビーバーのキャンプといえども、自分のできることは自分でやろう!」を目標に、荷物の準備や片付けをスカウト自身に頑張ってもらうために企画したものでした。(ビーバー年代だと、持ち物を保護者が揃えて、パッキングも保護者が行う例もありましたので・・・)

で、隊長も副長も新しい人たちになってからも、7月第一回目の隊集会は「キャンプの準備」という名前の隊集会が、毎年行われています。

で、内容はというと・・・・。

ビーバースカウトが「自分たちで考えた楽しいキャンプに参加するという意識を持つ」ように、グレードアップされていました。

ビーバースカウトたちは、自分たちでキャンプ中の食事のメニューと何をして遊びたいかを決め、立派なスケジュールを作り上げました。

Img_1371_2 ←自分たちが何が食べたいか、真剣に書き込んでいます。

見よ!この集中力!

で、完成したスケジュール表はこちら。

Img_1393 用紙のよれよれ具合や、細かい書き込みがわかりますか?

みんなが真剣に取り組んだ結果です。

「定番」の隊集会だと、内容の吟味もないまま、前回のプログラムを繰り返してしまう「マンネリ」に陥りやすいところですが、ビーバーのリーダーさんたちには、全くその心配はありませんでした。good

若いリーダーさんたちに、いろいろなことを教わった一日となりました。

ビーバー隊の皆さん、ありがとうございました。

キャンプにも、お邪魔しちゃいそうです。coldsweats01

2008年7月 5日 (土)

すねてます

このところ雨続きでしたが、昨日から当地も30℃超えsunしました。

われわれ人間でもきついのに、毛皮をお召しのこのお方は・・・。

20080625171911

こんな風だったり・・・・・

20080701150027_2

こんな風だったりします。

でも、やっぱり暑そうなので「シャンプーはいかがでしょう?」

dog「ひぇぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~sweat01sweat01sweat01sweat01sweat01sweat01

実はシロは、洗われるのがとっても嫌いです。

バケツに水を汲んだだけで、(それがシロと無関係でも)縁の下に逃げ込んでしまいます。

だから、シロを洗う時は、複数の人数が必要となります。

まず、「お散歩だよぉ~」と一人が誘い、シロがお散歩に行っている間に、もう一人が我が家にあるバケツすべてにお湯をスタンバイ。(ちなみに、庭の芝生の上で洗います)

お散歩から帰ってきたシロに、すかさずお湯をかけて、手早く洗ってしまいます。

その間、お散歩係は逃げないようにリードを固定。

実は、お湯をかけるとシロは恐怖のあまり動けなくなります。

でも、動かないのをいいことにリードを外すと、ちょっとしたすきをついて逃亡dashしますので、リードを外すことはできません。(以前、シャンプーまみれのまま逃亡されて、えらいことになりましたsweat01

シャンプーをつけて全身を洗い、お湯できれいに流して、そのあとタオルで拭くのですが、これまたふかれるのが大嫌いなので、殿が餌で気をそらせている間に、できる限り水けをふき取ります。(殿は手をあま咬みされますので、長時間は無理)

かしこいワンちゃんなら、このあとドライヤーで乾かすのでしょうけれど、我が家ではこれが限界・・・・。

終わると、シロも人間もへとへとです。

で、この後しばらくは・・・・・・

20080705145643

すねてます。coldsweats01

まだ、完全に乾いていないのが、わかりますか?

こんな感じなので、シロのシャンプーは夏の暑い季節にしか、実現しないのでした。

シロも殿もお疲れ様~smile

2008年7月 4日 (金)

ボケ防止?

サイドバーに設置しているグリムスの木をクリックすると「グリムス」のHPにアクセスします。

で、そのグリムスのHPに「スタッフブログ」というのがあって、そこでは、いろいろなブログとか、イベントとか、面白いHPとかをお知らせしてくれます。

で、その中に「eQuiz(eクイズ)」が紹介されていました。

これは「クイズに答えて正解すると、1問につき10粒のお米が飢えに苦しむ人に寄付される」という、「ひと粒で二度おいしい」HPです。

個人登録すると、自分がどれだけの寄付ができたかを知ることができるし、自分の実力coldsweats01も知ることができます。

答えは三択ですので、気軽に参加できますし、間違えても誰に知られることもないので、恥ずかしい思いもせずに済みます。

私はボケ防止も兼ねて、一日100粒目標に、トライしています。

ボケが心配な方も、そうでない方も、よかったら一度お試しください。

2008年7月 3日 (木)

熱い?!

グリムスで「100万人のキャンドルナイト」イベントが実施されているし、その記事も書きましたが、昨晩、おそろしいこと(?)に気がつきました。

昨日はキーワード「地球温暖化」でリスが遊びに来てくれました。

Photo

こんな感じです。

木の実をかじっていて、時々こちらを見たりします。

う~ん、かわいいheart04

な~んて、すっかり癒されていたわけですが、夜になると・・・・

Photo_2

キャンドルがともり・・・・・。

りすが「あの~、あついんですけど・・・・」って、言ってるように見えませんか?

キャンドルの炎が、ちょうどリスのお尻にあたってしまうんですねぇ。

気がつかなかったけど、きっと前回の鳥もあぶられてたんだろうなぁ。

りすにも鳥にも、悪いことしちゃったわcoldsweats01

7月7日までは、キーワードは自粛しておこうっと。

2008年7月 2日 (水)

キャンプファイヤーでの寸劇

久々に、キャンプファイヤーネタです。

キャンプファイヤーで「スタンツ」というと、「出し物」のことで、劇と限ったわけではありませんが、寸劇が行われることが多いですね。

BSやCSでは、班や組で用意することが多いですが、BVSだと、スカウト全員とリーダーもいっしょに演じることが多いのではないでしょうか?

BVS年代では、きちんとセリフを覚えるのは、なかなか難しいし、練習する時間を設けても、思うようにできないのでは?

そこで、BVSでお勧めなのが、みんながよく知っている物語を寸劇にすることです。

以下、私が実際に体験したBVS年代での寸劇をご紹介します。

*おおきなかぶ

畑で育てた大きなカブをおじいさんが抜こうとするのですが、大きいので抜けません。

そこで、おじいさんはおばあさんを呼んで手伝ってもらうことにしました。

ところが、二人でも抜けないので、おばあさんは孫を呼びました・・・という感じで、孫の次は犬、猫、ネズミと続き、最後にポンっと抜けて、みんなしりもちをついておしまいです。

最初のおじいさんはリーダーが務め、それ以外はスカウトが務めます。

役割は最初がおじいさんであれば、あとは「孫の○○」でも「親切なビーバースカウトの○○」でもかまいません。

練習のときに役割を決めて、それでできるようなら役名で呼び出せばいいと思います。(おばあさん役は人気がありませんcoldsweats01

みんなで協力して引っ張る・・・・みんなで協力することが大事だよ・・・という教育的な指導もできます。(それはお好みで)

*3匹の子ブタ

リーダーはオオカミ役とお母さんブタ役。スカウトは子ブタの役です。

ただ、子ブタは「藁の家を建てる子ブタグループ」「木の家を建てる子ブタグループ」「煉瓦の家を建てる子ブタグループ」とします。(全員参加が大事!)

お母さん役は子ブタたちに「もう、一人前のビーバースカウトなんだから、一人でお家を建てなさい」と、家を建てる動議づけをします。

子ブタたちは、それぞれ、藁、木、煉瓦の家を建てます。

そこへオオカミ役のリーダーが登場し、あとは、ご存じのストーリー展開で、最後はオオカミをやっつけて、おしまいです。

ちょっと練習すれば、上手にできるようになります。

また、以前これをやったときには、子ブタグループの人数が偏ってしまいましたが、(なぜか木のグループが人気でした)そのあたりは、あまり気にしない方がいいように思います。

「大きなカブ」よりは、練習時間が必要です。

以前、団のキャンプファイヤーで実施したバージョンでは、藁の家、木の家の子ブタはすべて食べられてしまい、煉瓦の家の子ブタたちが「私たち、賢くてよかったわねぇ~」と喜ぶ・・・というパターンにしました。(けっこう受けました)

これだと、嫌がるスカウトもいるかもしれませんので、その辺は個々の判断でお願いします。

どちらのお話も有名ですが、なかには知らないスカウトもいるかもしれませんので、絵本の読み聞かせで導入してもいいと思います。

練習時間はあまり長くならないように、遊び感覚で面白おかしくがポイント。

大きな声が出るように、リーダーがテンションをあげるとスカウトもつられて、大きな声が出るようになります。

この他にも「7匹の子ヤギ」もお勧めです。

2008年7月 1日 (火)

良し悪し

グリムス・キーワード、地球温暖化防止に挑戦。

ガソリンがまた値上がりしました。

近所のガソリンスタンドでも昨日までレギュラーガソリンが168円でしたが、今日は182円sign03になっていました。

ニュースでインタビューを受けていた人は「車をなるべく使わないようにしている」とか「自動車をバイクに換えようと思っている」とか、言っていました。

そういえば、我が家でも買い物へ行く時、週に一度は遠くの大型ショッピングセンターに行っていたのに、自転車で行ける近くのスーパーで済ますことが多くなりました。

つまり、今まで不必要に車を使っていたということ?!

ガソリンの値上げは歓迎できないけれど、地球温暖化防止のためにライフスタイルを見直す、いいチャンスなのかもしれませんね。

そうそう、昨日の「エコアクション」でグリムスに鳥がきました。

Photo

何という鳥でしょう?

だれかご存知の方、教えてください。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本