365カレンダー 2017

  • 365カレンダー 2017
無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

なんと!

昨日から大問題になっている中国原産冷凍食品。

なんと我が家の冷凍庫にもありました!!

ウッソ━━━━ヽ(´Д`lll)ノ━━━━ン??

餃子消費額日本一(?)の当地だけあって、我が家の冷凍庫にも常時「冷凍餃子」が存在しています。

通常は別メーカーの餃子を買い置きしているんですが・・・・

先日スーパーの半額セールで試しに買った一袋が、問題の赤い袋の餃子でした!

ああ、びっくり!

食べなくて良かったぁ。ホッ(-。-;)

さっそく、殿(夫)に報告。

う:「これどうする?メーカーに送り返す?」

殿:「送り返すならクール宅○便かなぁ・・・。めんどうでしょ。もったいないから食べてみるとか?でも、これを食べて中毒起こしたら、世間からバカ呼ばわりされるだろうなぁ・・・」ヽ(´o`; オイオイ

で、結局、今日は時間が取れないし、その間に誰か食べちゃってもいけないので、申し訳ありませんがごみ箱に直行してもらいました。

有名メーカーの製品だからと言って、安心できないんですねぇ。

今まで何事もなく過ごしてきたのは、ラッキーだったということでしょうか。

まずかろうが、見た目が悪かろうが、材料から手作りが安心の基本。

お食事を作っているお母さん・お父さん、頑張りましょう!

*安心のために、私のいまいちな手抜き料理をこれからもよろしくね。殿。

2008年1月30日 (水)

ありがとうございます

去年の1月30日にこのブログを始めました。

特にポリシーもなく、日記代わりに気が向いたときに書き込めばいいや・・・と気軽かつ無責任な気持ちで始めたので、こんなにコメントが頂けるなんて、思ってもみませんでした。

いつもコメントをくださる皆さん、ありがとうございます。

また、ご覧になってくださる皆さんも、ありがとうございます。

飽きっぽい私が、ここまでこのブログを続けてこられたのも、皆さんのおかげです。

アリ\(*^▽^*)/ガトゥゴザイマス!

始めた当初はBSネタは、簡単な報告程度にするつもりだったのですが、いつのまにやら「語って」しまってます(^_^;)。

副長経験しかないし、研修所にも行っていない私が偉そうに「語る」のもおこがましいのですが、自分の経験から得たものを少しでも残しておきたかったというのが、本音でしょうか。

みなさんが熱いコメントをくださるので、これからも語っちゃいそうですが、「年寄りの冷や水」と思って、お付き合いください。

これからも、よろしくお願いします。

2008年1月29日 (火)

あなたはだれ?

先日、殿(夫)と買い物に出かけたとき、近所の川べりで見たことのない水鳥に遭遇。

私のデジカメで撮ってみました。(殿はカメラを持っていなかったので)

P1250011 肉眼で見ても、「黒い鳥」であることしかわかりません。

すいすい泳いでるので、水鳥ですよねぇ。

P1250016_2 大きさは、カモと同じくらいですね。

頭部は真っ黒、くちばしは・・・シロ?

肉眼では、よくわかりませんでした。

家に帰ってきてから、パソコンでできる限り拡大してみました。

P12500161

眼が赤い?

P1250014 そして、脚が長い???

野鳥図鑑で調べてみたら、どうやら「オオバン」という鳥らしいです。

おお~~~っ!始めてみました。。・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・ うれしい

バードウォッチングを体験してから、鳥を見かけると「あれは、何かな?」とよ~く見るようになりました。

こんな身近にたくさんの種類の鳥がいます。

少しずつ鳥の種類を覚えることで、友達がふえていくような、楽しい気分になれるのでした。

*鳥が「オオバン」だと殿に報告したら、「まだ居るかなぁ」と言っていました。どうやら、ご自慢のカメラで撮影したいようです。さて、どうなりますか?!

2008年1月28日 (月)

お風呂で読書

ここ数年、お風呂で本を読む癖がつきました。

きっかけは「半身浴がいい」と友人に勧められたこと。

ぬるめのお湯に、胸から下だけ30分くらい浸かると体の芯から温まって風邪をひきにくくなった・・・と友人。

さっそく試してみることにしました。

ところが、どちらかというとせっかちな私は「30分」が待てません。

それまで「熱めのお風呂に肩まで浸かり100数えて出る!」という、乱暴な入浴法だったので、なおさらです。

で、その友人にコツを聞いたら、「本を読んでれば、30分なんて、すぐだよ」と教えてくれました。

さっそく実行してみたら、なかなかいい調子。

お風呂の蓋の上に厚手のタオルを敷いて、その上に本を置いて読むと、手も疲れず30分はあっという間でした。

味をしめてほとんど毎日「お風呂で読書」を楽しんでいます。

本が湯気でふやけるので、大切な本は持ち込めません。

文庫本が大きさからいっても、値段からいってもお手軽ですね。

難しい内容の本だと湯船の中でうたた寝をしてしまい、推理小説だと、結末が気になって、ものすごく長風呂になってしまうという欠点があります。

で、たどりついたのが「時代小説」。

特にオムニバス形式または短編集だと、ちょうど1話で30分くらいなので、最適です。

「半身浴」の効能ですが、湯あたりもせず、湯ざめもしにくく、体の芯から温まる感じで、確かに風邪をひきにくくなった感じがあります。

「お風呂で読書」は本が傷むのでお勧めしませんが、「半身浴」は一度お試しください。

2008年1月27日 (日)

久々に更新しました

殿のアルバム、久々に更新しました。

最近お仕事が忙しい殿(夫)。

鳥の鳴き声を聞きながら夢の中・・・という日々でしたが、昨日・今日と朝からカメラを持って近所にお出かけしていきました。

殿の説によると「鳥は朝撮るのがいい」らしいです。

ホクホクしながら、さっそくUPしていました。

よろしかったら、ご覧になってください。

2008年1月26日 (土)

どたばた

若(息子)は一応受験生。

本人はいろいろと忙しそう。

私は用事が増えるというわけではないのに、なぜか気分はどたばた。

若に「お母さんが受験するわけじゃないんだから、落ち着いて。」と言われてしまいました。

いや、それはそうなんだけど、何だか心配なんだもん。

こんな風に、一緒にいて直接心配できるのも、今のうち。

だから、いっしょにどたばたしても、許してくださいな。

Pc2500011 そんな中、このお方は「平常心」で過ごしています。

君のそのマイペースぶりを、見習わなくっちゃね。

2008年1月25日 (金)

やっぱり温暖化?

昨日、今日と、とっても寒いですね。

当地でも(やっと)水たまりに氷がはりました。

シロの散歩の途中で、誰も見ていないのを見計らって水たまりの氷を踏んで割ったりして(*^_^*)。精神年齢が小学生なので・・・

で、私が小学生の頃って、もっと寒かったような・・・・と思い出しました。

12月から、氷って張ってなかった?田んぼや畑は、毎日霜で真っ白だったよねぇ。

う~ん、どう考えても今は氷が張る日数も霜の降りる日数も少ない。

やっぱり地球は温暖化してる?

寒いのが嫌いな私ですが、やっぱり心配になりました。

で、本日はてくてく歩いて、買い物に出かけましたとさ。

2008年1月24日 (木)

夢の中へ・・・

本日は、週に1回の「すじのばし」(ヨガ)の日。

本来なら、毎日行うべきなのでしょうが、ものぐさな私は教室のある日しか「ヨガ」をやりません。m(-ω-`;m)ゴメンナサィ

ここのところ、寒い日が続いていて、ただでさえ体が硬い私にとって、今日のレッスンは「いてててて・・・」の連続。

なぜか逆転のポーズ(頭が下になるポーズ)が多く、終了時には顔はぽかぽか、身体はぐったりでした。

そのせいか、午後になって、こたつにもぐって本を読んでいたら、いつの間にか意識不明に・・・・・(--)zzz.。ooOO○

シロが吠える声で目を覚ましたら、もう、夕方でした。ヽ(・_・;ノドッヒャー

気持ちよく運動して、おいしくご飯を食べて、昼寝・・・・健康的といえばそうかもしれないけれど、非生産的な午後を過ごしてしまった、私なのでした。

*あ~~んなに寝たのに、もう眠い・・・・どこまでも怠け者なんだ、自分!ペチペチ ( _ _ )ヾ( ̄ロ ̄) 起きろ~

2008年1月23日 (水)

なごみのひと時

先日、地区の公民館で行われている「よちよち広場」に友人のTさんと行ってきました。

「よちよち広場」は地区の社会福祉協議会で主催している「小さなお子さんを持つお母さんたちの出会いの場」です。くわしくはこちらをご覧ください。

今回は、保健婦さんがいらして「ノロウィルス」について、お話をしてくださいました。P1210265

手洗いが大事なんですねぇ。

お母さんたちにゆっくり聞いてもらうために、お子さんのフォローをするのが私たちの役目なのですが・・・・。

P1210262 みんな、お母さんと一緒にお話を聞いています。

ノロウィルスの話が面白かったのかな?

この日は看護師さんの卵さん二人が参加されていました。

二人ともやる気はあるのですが、赤ちゃんにはちょっと不慣れ?

で、こんな感じに・・・・P1210261

赤ちゃんも普段見慣れない年齢の男性にかたまり、看護師見習いの彼もどう声をかけたらいいか分からず・・・・この状態が10分くらい続きました(^_^;)。

最後に、赤ちゃんが「うぇぇ~~ん」と泣いて、ゲームオーバー。

いえ、彼が何かした・・・というわけじゃないんです。「やっぱり知らない人だぁ!」と認識したのかな?

公民館の広い体育室で、のびのび遊んだり、保健婦さんに相談したり、お母さん同士でおしゃべりしたり・・・「よちよち広場」のもくろみは大当たりですね。

で、Tさんと私は、あまりお仕事もなく、たくさんの赤ちゃんを見てなごみのひと時を過ごしているのでした。(^-^)

語れども語れども・・・

本日、団のリーダー会でした。

うちの団では年単位で担当隊が決まっていて、その隊のやりたいテーマで話し合いをしています。

今年度はCS隊の担当。

テーマは「基本原則を読んでみよう」。

例のうす~い小冊子「基本原則」をみんなで読みながら、わいわい話し合っています。

で、本日はたまたま「スカウト運動の原理」の「神へのつとめ」の部分が話題になりました。

そこから先日のセミナーの「信仰奨励章」の話に・・・。

基調講演のあらましとか、セッションで取り組んだこととかを報告しながら、みんなで意見交換しました。

ポイントは「信仰と宗教の違い」と「何故、信仰を宗教に持っていかなければならないか?」というところ。

この前のセミナーでは「信仰は形がないが、宗教は形がある」という説明でした。

太陽を拝んだり、山に手を合わせたり、という「自然に対する畏敬の念」を「信仰心」と定義づけ、ある一定の形(神・礼拝の仕方など)を決めたものが、「宗教」ということらしいです。

「信仰心」に関しては、ほとんどの人が納得できるようですが、「何故それだけでは不足なのか?」というところが議論のポイントとなりました。

B-Pがスカウティングの基礎と位置付けている「人を超える力の概念」=「信仰」ということならば、それをわざわざ既存の「宗教」に置き換える必要はないのではないか、というのが、みなさんのご意見。

これに対する答えは、出なかったのですが、「指導者がもっと信仰や宗教について勉強すること」と「ちかいやおきての実践を通して、自己研さんをすること」はスカウトの信仰心を高めていくために、必要である・・・という結論は、みんなの一致するところとなりました。

こういう話し合いをすることによって、リーダーたちの「信仰」に対する意識が高まり、それが自然と「信仰心」をもったスカウトを育てることになるのかな・・・とも思いました。

2008年1月21日 (月)

さむ~~い

今日は大寒だったそうで、当地も雪は降らなかったものの、とっても寒い1日でした。

特に我が家は、おひさまが出ないと「極寒の地」と化します。

普段、昼間はなるべくストーブを点けないようにしているんですが、今日は早々にギブアップ。設定温度を低めにしましたが、ほとんど1日中つけているという、ていたらくでした。

シロも大好きなお散歩を3分で切り上げ、とっととストーブの前で丸くなっていました。

Pc160114 ご覧のとおりです。

ご飯の時間以外は、ず~っとこんな感じでした。

そんなに寝てると、目が溶けちゃうよ~~~!

2008年1月20日 (日)

遊びの中で

今日はまたまた殿(夫)の代理で、ビーバーの隊集会にお邪魔しました。

プログラムは「秘密基地づくり」。

段ボールを使って巨大陣取りが繰り広げられました。

今日も、いきいき楽しく活動!

曇りでちょっと寒かったけど、スカウトたちは上着も脱ぎ捨てるほど、夢中で走り回っていました。

で、感心したのが作った基地を片付ける時。

みんなで協力して、とっても楽しそうです。

くっついた段ボールを引っ張り合ってはがしたり、どれだけ沢山の段ボールを運べるか競争したり・・・・。

ひとりも輪から外れている子はいませんでした。

みんなで協力して、いっぱい遊んだから、自然に協力することの楽しさを覚えたんですね(^-^)。

これからも、楽しくいろいろなことを覚えていってね!

P12002371 *写真は、片付けの様子。

大きい段ボールとロープを使って、片付ける方法を模索中。

「ここにロープを通したらどおかなぁ・・・」

BSの隊集会をお休みしているのに、BVSには出没する私!・・・・あ、石を投げないでください。m(。≧ _ ≦。)mス、スイマセーン

2008年1月19日 (土)

あ・あたまが・・・

本日は朝から「スカウティングセミナー」。

「宗教奨励章」についての勉強会です。

宗教奨励章の立ち上げにかかわった小林透さんの基調講演+グループ討議でした。

小林さんのお話は、とてもわかりやすく、とっても深~~~いものでした。

慣れない「宗教」や「信仰」の話に、頭の中がぐるぐるしながらも、B-Pの理想の高さに改めて感動!

グループ討議は部門ごとに、「具体的な取り組みと隊活動への反映」を話し合いました。(もちろん、話し合いの結果の発表つきです)

BS部門中心の章ですし、新しい取り組みなので、いやでも話し合いは盛り上がりました。

普段お会いしない他地区の方も参加されていたので、話し合いもいろいろな方向からのアプローチになり、ますます盛り上がりました。

皆さんに付いていこうと少ない脳みそをフル回転させたので、セミナー終了時にはぐったり・・・・。

でも、みんなでい~~っぱい話し合ったので、満足、満足!

すばらしいセミナーをありがとうございました。

あとは主任講師からの宿題・・・・「この成果を隊に持ち帰って活用する」だけ!ってこれが一番難しいですね。

*難しくても、ちょっとずつでも、理想を目指してがんばんべぇ!

2008年1月18日 (金)

リーダーか母親か・・・3

以前にも書きましたが、リーダーといえども「お父さん」であり「お母さん」です。


*以前の記事はこちら→
「リーダーか母親か」「リーダーか母親か2」

現在の私は「BS副長」はちょっとお休み中。

「お母さん」の部分を優先しています。

周りのみなさんも理解してくださっているので、とってもありがたいです。

約10年、リーダーをさせていただきながらも、その時々で「副長」を優先したり「お母さん」を優先したりしてきました。

「いい加減!」とか「手抜き!」とか思う方がいらっしゃるかもしれませんが、その時々で「副長」と「お母さん」を使い分けることで、長くリーダーが続けられたのだと思います。(もちろん、周囲の理解は欠かせません。みんな、ありがとう!)

以上は「長いスパン」での話でしたが、実はこの使い分けが「隊集会」でもけっこうポイントです。

カブ隊やビーバー隊では、「お父さん」や「お母さん」が隊長だったり副長だったりすることが、多いと思います。

また、カブ隊のDLは、保護者の方がほとんどではないでしょうか。

隊集会のとき、ご自分のお子さんでも「デンリーダー」とか「○○副長」(または隊長)と呼ばせている方が多いですよね。

私もそのスタイルに賛成です。

なぜなら、役務の名前で呼ばせることによって「非日常」を意識させることができるからです。スカウトだって、CSになると周りの目を意識して、なかなか「お母さん」とは呼ばなくなりますしね。

隊集会でうっかりリーダーやDLを「お母さん」と呼んでしまうこともあるでしょうが、それは「ついうっかり」なので、許してあげてください。

どちらかというと、

*自分の子供だけに目が行っている(または手出しをする)

*ほかのスカウトには「デンリーダー」とか「副長」と呼ばせているのに、自分の子供に「お母さん」と平気で(←ここ大事)呼ばせている

*家庭内のこと(例えば、部屋が片付けてなかったとか、宿題がすんでないとか)を隊集会に持ち込んでくる

ようなリーダーやDLの方が問題だと思います。

そんな方には「家庭内のことは、隊集会に持ち込まないでね」とやんわり注意したらどうでしょう。

また、いつまでたっても「お母さん」としか呼ばないスカウトもたま~にいます。

そういうスカウトには「え、お母さんなんている?ここにいるのは○○デンリーダー(副長)だよ。」と冗談めかして教えてみるのもいいかも。

自分がCSの副長時代は、このことに関してけっこう口うるさく対処していましたが、今になってみると、ちょっとうるさすぎたかも・・・と思います。(当時のスカウトたち、DLさんたち、ごめんね)

スカウトも保護者リーダーも発展途上。

「お母さん(お父さん)」と「リーダー(DL)」を上手に使い分けて、楽しいスカウティングを目指しましょう。

老いらくの恋?

昨日、携帯で撮ろうと思った写真がこれ。

P1160011 2階から、外を眺めるシロです。

眺めているのは斜めお向かいのお家。

そこのお嬢さん(豆シバ)に夢中なのです。

でもシロは11歳。

お嬢さんは(推定)1歳。

「人間で言うと、初老のおっさんが女子中学生に夢中ってことだよね。人間だと犯罪だなぁ・・・」とは若(息子)のお言葉。

そうだよ。人間だと、ストーカーとして逮捕されちゃうよ。(犬でよかったねぇ)←突っ込みどころが変?

だから、そんなところから鼻づら出してないで、窓をしめさせて頂戴な。(窓を閉めようとすると、隙間に鼻を突っ込んできます)

って言っていたら、この有様・・・・。

P1170021 部屋からベランダへ出て行ってしまいました。

だからぁ、窓を閉めて出かけたいんだから、早く入ってきてよ(T_T)。

*結局この後「おやつ」にて妥協していただきました。

「老いらくの恋」も食欲には、負けてしまうのでした。

2008年1月16日 (水)

(;_;)

(;_;)
以前から調子がいまいちだった携帯のカメラが、とうとう逝ってしまいました。

使い方がラフだったのは、認めます。

新しく買い換える?

でも、他の機能は問題無いんですが・・・・・(ー'`ー;)う~ん・・・・

デジカメは丈夫で防水のものにしましたが、同じくらい丈夫な携帯電話は存在するのでしょうか?

ちなみにデジカメは10m防水で1.5mから落としても大丈夫な代物です。

2008年1月15日 (火)

ちょびっとリニューアル

気がつけばマイリストの「お気に入りの本」が、半年以上ほったらかしに・・・(^_^;)。

「お気に入り」という一文を入れたために、「こんな本、お気に入りに入れたら、まずいかなぁ」とか「お気に入りに入れるほどのこともないか」とか考えてしまったのが、原因と思われます。

で、このたび思い切って「最近読んだ本」に変更してみました。

あまり本意ではないのですが、入力が楽なのでアマゾンにリンクする機能も使ってみました。

本に対する評価と感想はあくまで個人的なものですので、「私のお気に入りの作家さんなのに、何で評価が低いの!」とお怒りにならないよう、お願いします。

私は典型的な乱読で、その時々でジャンルも作家も偏ります。それも御愛嬌ということで・・・・それにしても、時代ものと児童書と漫画ばっかりですねぇ。(@_@;)

2008年1月14日 (月)

パスキ・ナナ

516zqkvkw2l__aa240_

ケネス・トーマスマ著、浜野安宏監修、おびかゆうこ訳「パスキ・ナナ~ナゾをといた少女~」をご紹介します。

ネイティブアメリカンのクーテナイ族に伝えられている物語を著者が採話したものです。

主人公のパスキは、いつも失敗ばかりで「悲しがり屋」。

祖母に励まされ、がんばっていましたが、ある日一族の禁忌に触れる失敗をしてしまいます。

その失敗を挽回するために、一人で村を離れますが、そこで馬泥棒を目撃してしまい・・・・。

大自然の中で、9歳の女の子が生き抜いていく物語です。

この物語の中には、自然の中で生きるための知恵がとてもたくさん盛り込まれています。

ネイティブアメリカンたちは、たき火を囲んでこのような物語を子供たちに話して聞かせたのでしょう。

物語は架空の楽しみのためのものではなく、生きる知恵を子供たちに継承していくための大事な役割を果たしていたのです。

こういう物語を読むと「生きる知恵」について考えさせられます。

私たちはとても便利な世の中に暮らしていて、「何でもできる」ような気分になっていますが、実は「何にも出来ない」のではないでしょうか。

火をおこすにしても、食料を調達するにしても、自分一人の力では、なすすべがありません。

この物語の少女は9歳にして、自分で食料を得、隠れ家を確保し、敵から身を守りながら、毛皮や保存食まで手に入れます。

はっきり言って、この9歳の少女の「知恵」に私は遠く及びません。

文明社会に暮らす私たちには必要のない「知恵」だという方もいらっしゃるでしょうが、本当の「知恵」とは何なのか、今一度考えさせられる、いいお話でした。

*ケネス・トーマスマさんは、ネイティブアメリカンの伝承物語を採話して、「すばらしきインディアンの子供たち」シリーズとして、出版されています(現在7冊)。日本ではこの「パスキ・ナナ」のほかに「ナヤ・ヌキ」「モホ・ワット」の3冊が翻訳・出版されています。

2008年1月13日 (日)

役立たずで・・・

先ほど隊長から帰着時間と全員無事の連絡が入りました。

隊長の携帯からはにぎやかなスカウトたちの声が聞こえました。

私は何の役にも立たない「お留守番」でしたが、役立たずでよかったと思ってます。

留守番の私が活躍する場合は、何か現地では対応できない不測の事態が起こったときだからです。

隊集会に参加しなくても、なんだか落ち着かない2日間でしたが、ホッと一息です。

隊集会のおみやげ話を楽しみにしています。

2008年1月12日 (土)

お留守番

本日未明から、BSはCSといっしょにスキーに出かけています。

1月の隊集会です・・・が、私は受験生の若(息子)をほったらかしにしておけないので、お留守番です。

この辺りでスキーをしようと思うと、長野県に出かけることが多いのですが、隣り合っている県なのに遠い!

この県は東西には交通網が発達していますが、南北の交通網はさっぱりなので、東または西に移動してから北上することになるからスキー場までめちゃくちゃ時間がかかります。

若の受験なんだから、私には関係ない・・・という考え方もありますが、一度出かけてしまうと、安直には帰ってこれないので、欠席することにしました。

私は寒いのは嫌いだし、ボーゲンしかできないので、スキーができないことには特に不満はないのですが、スカウトたちに会えないのが寂しいです。

スキー場のコンディションはどうかな・・・怪我したり調子の悪くなったスカウトはいないかな・・・CSと一緒の大部屋で宿泊だけど、先輩らしく振舞えているかな・・・などなど、スキー場のライブ映像を眺めながら、ため息の一日でした。

みんな~、無事に帰ってきてねぇ。

2008年1月11日 (金)

敵もさるもの?

今年もご近所にたくさんの鳥がやってきています。

ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロ、モズ・・・・などなど。

昨年は気がつきませんでしたが、時々カワラヒワも見かけます。

きれいな姿を写真に撮りたいのですが、だいたい出会うのはシロの散歩中。

急いで家に帰って、カメラを持ち出しても、すでにいなくなっています。(ヘ||_ _)ヘ ガクッ

殿(夫)も今年はなかなか写真に収める機会がないようです。

なぜか殿がカメラを持って出かけると、出会うのはスズメやムクドリ。

カワラヒワやホオジロに出会うときには、カメラを持ってないそうです。(やはり散歩の途中だったり、買い物に出かける時だったり)

それも、カメラを持っていないのを見越しているように、間近にやってきたり、群れで電線にとまっていたり・・・・。

殿によると「カメラを持っていないと、じっと見ていても逃げないのに、カメラを向けると、遠くの鳥でもさっと逃げて行く」そうです。

敵もさるもの・・・・野生の勘を馬鹿にしちゃいけませんね。

2008年1月10日 (木)

間違いさがし

P10802171 御台所様(姑)が活けたお正月用の生け花です。

流派は「自己流」、材料は「無料」が自慢です。

このところの暖かさで、梅の花が開き始めました。

水仙がいい香りです。

でも、写真をよ~くご覧ください。

何か違和感が・・・・・・。

わかりますか?

水仙と千両の足もとに、こっそり「ポインセチア」が!P1080217

「クリスマスとお正月が同時に来てめでたい!」というわけではありません。

実は殿(夫)が御台所様の鉢植えのポインセチアを「ポッキリ!」。

あわてた殿は、手近にあった生け花に・・・というのがこの奇妙な取り合わせを生みました。

クリスマスも終わったし、結構なじんでいるので御台所様もお怒りにならず、ポインセチアはそのまま何食わぬ顔で「生け花」になってます。

2008年1月 9日 (水)

みかん話

昨日に引き続きミカンの話題です。

当地はウナギが有名ですが、ミカンもおいしいです。

中でも私がお勧めなのが「SSサイズ」のミカンです。

昨日の写真にも登場していますが・・・

P1080228_2

年賀はがきと比べてみました。

2つとも、かなり小さいです。

一口サイズです。

SSサイズのミカンは皮はうすく、実はやわらかめですが、甘くておいしいんです(*^_^*)。

一度に、2~3個はいけちゃいます。

ただ、このサイズのミカンは産地でないと手に入らないかもしれません。(うちの近所のスーパーでも、たまにしか見かけません)

「三ケ日ミカン」のSSサイズを見かけた方、一度お試しください。

*酸味が強い系のミカンがお好きな方には、NGかも・・・

2008年1月 8日 (火)

こ・こんなところにも・・・

殿(夫)は昨日から仕事、若(息子)は今日から学校ということで、やっと日常が戻ってきました。

お正月中手抜きをしていたので、今日はちょっと時間をかけてお掃除しました。

あちこちに散らばっている食べかけのお菓子類をまとめ、使いかけの野菜の整理をし、そしてミカンのしまってあった紙袋を覗くと・・・・

ゲゲ(゜_゜;)

20080108092029 こ・この緑のものは!!!!

緑カビです(T_T)。

放置しておくと、すべてが「腐界に飲まれてしまう」ので、カビている物をとりのぞいて、無事なミカンを救出しました。

救出したミカンはそのままだとまたカビてしまうので、一個ずつ水で洗って、天日干しにしました。

P1080225 エアコンの室外機の上で干しています。

電気屋さん、ごめんなさい。

で、カビてはいないけどちょっと「あやしい」ミカンは、こんなことになりました。

P1080223 殿が以前とりつけた、野鳥のための「給餌台(?)」です。

ヒヨドリがあまりにも激しく食べ散らかすので、最近は使用していませんでしたが、ミカンをそのまま捨てちゃうのも忍びないので、付けてみました。

鳥は来るかな?

救出されたミカンは、無事台所に再収納されました。

早速食べてみたら、甘くておいしかったです(^-^)。

甘いミカンはかびやすいので、これからせっせと食べなくては!(風邪予防にもなるしね)

*タイトルは「風の谷のナウシカ」の中のセリフです。どこに登場するかわかりますか?(マニアックでごめん)

2008年1月 7日 (月)

その正体は・・・

kenkoudoさんのブログのコメント欄にうかつにも「浜松餃子」と書いてしまいました。

そしたら、「それって何?」と興味をもたれた方が・・・。

で、「浜松餃子」について、ちょこっと書いてみます。

餃子と言えば「宇都宮」が有名ですが、ここ浜松では宇都宮以上に餃子好きが多いらしいです。(一世帯当たりの餃子消費額が宇都宮よりだいぶ多かったそうな)

そういえば、我が家も餃子大好きです。

自分でも作りますが、気に入ったお店でテイクアウトすることもしばしばです。(我が家のお気に入りのお店もありますよん)←このあたりが餃子消費額No1の原因か?

それで「浜松餃子」の正体ですが、焼き餃子である以外、「これ」といった決まりはないような気がします。

一番の特徴は「ゆでもやし」が添えられていることらしいのですが、もやしのないお店もあるので、これも絶対というものでもありません。

とにかく、浜松にお店があって「美味しい餃子」であればいいようです。(お店で食べれなくて、テイクアウトオンリーでもOK)←この辺も、はっきりしません。

あああ、なんていい加減。(浜松らしいぞ!)

で、浜松餃子をお召し上がりになりたい方は「浜松餃子」の幟のお店で召し上がるか、こちらをご参考になさってください。

・・・・実にいい加減な記事となりました。ごめんなさい。何せ最近できた「ご当地グルメ」なので・・・・(^_^;)

2008年1月 6日 (日)

小さなお客様

先日、私の弟一家が遊びに来てくれました。

弟の子供は女の子3人。(小5・小1・3歳)

みんな素直に育ってます。(←おばばか?!)

我が家には子供の遊び道具はすでにないので、外に連れ出しました。

行ったところは近所の川原。

小さな川ですが、川原でハトやカモに餌をあげることができます。

餌をまくと、たくさんのハトがやってきました。

子供たちにとっては、初体験。

最初は怖がっていましたが、そのうち大盛り上がり。

なるべく近づきたいと、餌のまき方を工夫したり、姿勢を低くしてみたり・・・。

いっしょに出かけた殿(夫)とシロ(犬)も一緒に盛り上がり、楽しいひと時となりました。

我が家のお正月は、こんな風にのんびりと過ぎていったのでした。

姪っ子ちゃんたち、今年も私と遊んでくれてありがとう。また、遊びにおいで。

P1020047 *写真はハトと戯れる子どもたち。

一緒に出かけたシロもハトと戯れたくて仕方ありませんでしたが、彼が参加するとハトが逃げてしまうので、殿に取り押さえられています。・・・・・子供たちは楽しかったようですが、シロにとってはご不満だったかも・・・・・

2008年1月 5日 (土)

浜名湖

kenkoudoさんが当地を去られたころ、殿(夫)といっしょに、浜名湖の「海釣り公園」へ行ってきました。

といっても、釣りをするわけではありません。

ここにある「海湖館」というミニミニ水族館と、景色を楽しむのが目的です。

P1040182 浜名バイパスからの景色です。

カメラが小さいので、雄大な景色は収まりきれません。

風が強い地方なので、海岸沿いに風力発電用の風車が建っています。

今のところ、数機がぽつっぽつっと離れて建っていますが、いつか外国のようにずらっと風車が並ぶようになるのでしょうか。(ちょっと期待してます)

海釣り公園では、この寒いのに釣りをしている人もけっこういらっしゃいました。

根性だなぁ。

P1040189 お正月なので、めでたい「鳥居」を撮ってみました。

コンディションがいいと富士山も見えるのですが、昨日は残念ながら見えませんでした。

海湖館と景色を楽しんだので、帰ろうとすると・・・。

P1040195 こんなお方が登場。

この公園には釣り人のおこぼれにあやかろうと、猫が住み着いています。

この子は人懐っこいし、毛並みもふわふわ。

きれいだし、あまり見かけない猫だなぁ・・・と思っていたら、どうやら釣りに来た方が連れてきた猫ちゃんだったようです。

P1040196 慣れた仕草で、デッキチェアの下に潜り込んで、くつろいでいました。

遊んでくれて、ありがとうね。

残り少ないお正月休みの半日を、まったり過ごしたのでした。

2008年1月 3日 (木)

恒例のイベント

恒例のイベント
リーフショップ「ちくめい」さんで、お茶してます。

手前が抹茶、奥が中国緑茶「滴水香」です。

お正月なので、お菓子は「花びら餅」です。

例年、アクトシティイベントホールで開催されている「ザ・骨董フェスタ in Hamamatsu」を覗いて、その後、ここでお茶をいただくのが、恒例になってます。

今年も、目の保養+心の保養となりました。

2008年1月 2日 (水)

新年早々

ブログパーツ「gremz」の樹が、無事大人に成長しました。\(^o^)/

69番目だそうです。(けっこう早い?)

同じころにブログパーツを設置した方がぼちぼち大人の樹に成長していたので、うちもそろそろかな~とは思っていましたが、お正月に合わせてくれました。

背景が「富士山」なので、かなりめでたい感じです。

これでアフリカの「ブルキナファソ」という国に「ニーム」という樹が1本植林されるはずです。(くわしくはこちらをご覧ください。)

ブログをせっせと更新するだけで植林に貢献できるなんて、お得感2倍です。

こいつぁ、春から縁起がいいわい・・・・幸せ気分を、ありがとうございました。

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

昨年はブログを通して、たくさんの方と、すばらしい出会いがありました。

ありがとうございました。

今年も、すばらしい出会いがあるといいなぁ・・・o(*^^*)oわくわく

昨晩、お節料理と小掃除を終えた私は、BS隊が「越年キャンプ」をする地区野営場にでかけました。

ちょうど営火が終わって、班長会議が始まるところでした。

本部で会議の支度をしていると、班長達登場。

「あ、うばさん。こんばんは。」と声をかけてもらいました。

班長は3人とも楽しそう。

昨晩はめちゃくちゃ寒かったのですが、元気にナイトハイクに出かけて行きました。

越年キャンプのナイトハイクは、5㎞ほどの距離にある方広寺への初詣です。

私は隊長とBVS副長のよっしーさんと女3人で、お留守番。

たき火を囲んで、BS話に花が咲いているうちに年越し。

スカウトたちは何が楽しいのかなかなか帰ってこず、私は残念ながら帰宅しました。

今年は家庭の事情で3月までは隊集会に参加できそうもない私ですが、「Enjoy Scouting!」の実践をみなさんにお知らせできればいいと考えています。

今年が皆さんにとって、幸多き年でありますように! 弥栄!

P8120047_2 *画像は昨年の夏キャンのときに2合目から見た「富士山」。

今年の夏キャンは、どこに行くのかなぁ・・・。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本