365カレンダー 2017

  • 365カレンダー 2017
無料ブログはココログ

« 平日だけど | トップページ | 知らない間に・・・ »

2007年4月25日 (水)

だんだん

当地はこのごろ「なたね梅雨」。

ちょっと肌寒い日々です。

でも、だんだん盛り上がってきています。

そう「浜松まつり」!

5月3~5日に行われる全市挙げてのお祭りです。

昼は「凧揚げ」夜は「御殿屋台の引き回し」ですが、どちらにも欠かせないのが「練り」。

なぜか進軍ラッパに合わせて練り歩きます。(文章ではうまく表現できませんm(*- -*)mスイマセーン)

ラッパやお囃子の練習は4月に入ると各町内会で始まります。

夜になるとどこからかラッパの音が・・・。

20070424135111 そして通りにはこんな旗が掛けられました。

携帯の写真なので見にくいですが赤字に紺で「浜松祭り」と書かれています。

この旗、電柱ごとに掛けられています。(紺地に赤文字のものと交互で)

だんだんお祭りモードにみんなシフトしていきます。

祭りに参加する人もしない人も、何となく祭りが終わるまで落ち着かない当地なのでした。

*実際色々な決め事は「祭りが終わってからね」ということ多し・・・恐るべし浜松祭り

« 平日だけど | トップページ | 知らない間に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「なたね梅雨」?
菜の花が咲く時期に降る時雨を指す言葉でしょうか? 綺麗な言葉ですね、検索して調べよ~っと。それとペンギンが鳥!
子どもは「そうだよお母さん」と言ってのける。
勉強になりました。
  

「なたね梅雨」は確か菜種の収穫時期に続く長雨のことだったような・・・。
それとペンギン!間近で見るとちゃんと羽に覆われていて「鳥」を実感できますよ。私も今回初体験でした。

私の母は浜松出身ではないのですが、小学校の同級生の男の子(初恋の人だったらしい)が、その後浜松に移り住み、事業で成功して地元の実力者になり、「凧揚げ会場で制服着て絡んだ凧の糸を切る係」をやっていて、その方に招待されて「来賓席」(凧揚げ会場が一望に見渡せる)に行ったことがあります。来賓席の前で各団体代表が円を描くように「激練り」をするのを見るのは壮観でした。
「凧上げ」はいわば「凧同士のケンカ」ですから、糸が絡んでもうどうしようもなくなったものの「糸を切る」人というのは、どちらの団体にも顔の効く・文句を言わせない「相当な実力者」であると聞きました。その姿を初恋の人に見せるのは、その方も晴れがましかったと思います。
そこへ「成人した長男」を連れていく母も用心深かったと思います。(苦笑)

来賓席とは、すごいですねぇ。
私は子供会の付き添いで、人ごみの中を右往左往したことしかありません。(´Д`疲)
凧揚げは5日の「合戦」が見所です。各町入り乱れて、かなり熱くなります。一度来賓席でゆったり見てみたいものです。

血が騒ぐ! ヘ( ̄□ ̄;)ノ といってもお祭り人間ではないのですが。
読んでるコッチもワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪

あ、なたね梅雨、沢山調べてみました。 うっとおしい長雨も 風流な言葉で飾るのが日本人♪
私は雨も好き人間。

京都までワクワクが届いて嬉しいです(^^)。

なたね梅雨の意味、合ってたでしょうか(^-^;A
雨も嫌いではありませんが、長雨だと乾燥機のない我が家では洗濯物が家中に!!そんなときは雨が嫌いになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202244/14846172

この記事へのトラックバック一覧です: だんだん:

« 平日だけど | トップページ | 知らない間に・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本