365カレンダー 2017

  • 365カレンダー 2017
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

『バイバイわたしのおうち』

4036312006_09__aa240_sclzzzzzzz_ 次回の読書会の課題本『バイバイわたしのおうち』(ジャクリーン・ウィルソン作)読了しました。

ピンクの表紙、かわいらしい漫画風のイラスト、ABCの順に進んでいく目次・・・といかにも児童書なのですが、内容は「両親の離婚」によって翻弄される女の子の物語。

翻弄されるって書くと「お涙ちょうだいもの」のベタベタした物語みたいだけど、主人公のアンディーの一人称で語られるから文章は軽い。

この本を読むまでもなく「両親の離婚」は子供にとって本当に大変な出来事だ。

父親も母親も友達も学校の先生もアンディーの悲しい気持ちを本当には理解していない。

両親はそれぞれ自分の再婚家庭にアンディーをひきとりたいし、それがアンディーにとって最善の道だと思っている。

でも、アンディーがほしいのは両親がそろった「わたしのおうち」なのだ。

大人は言う。「それはもうないのだからあきらめなさい。」

「あきらめなさい」・・・・この言葉を大人は何て安易に使うのだろう。

そしてあきらめきれない子供にこういうのだ。「いいかげんにしなさい。」「わがままを言っても通らないのよ。」

ああ、大人って本当に「わがまま」だ。(わたしも含めて)

あらためて「子供の心に寄り添う」ということは何て難しいことことなんだろう・・・と思った。

この辺り作者の技量を感じずにはいられない。何せ作者は立派な「大人」なのだから。

物語の最後にはアンディーは気持ちの整理がつき、一見ハッピーエンドにも思える。

でも、アンディーにとって「わたしのおうち」は二度と戻っては来ないのだ。

アンディーはこれからも強く賢く生きていくだろうと言う安心感とともに、その安心感の底にはあきらめと悲しみがいつも流れていることを感じざるを得ない。

なんとも複雑な読後感だった。

2007年2月26日 (月)

頭と体

脳トレを買って1週間たちました。

いつのまにやら、若(息子)や殿(夫)も参加。

3人で楽しんでいます。

買った当初は目も当てられない脳年齢でしたが、毎日トレーニングを続けているおかげで徐々に改善してます(^^)。

ところが、昨日はものすごく悪化!

元の木阿弥状態に・・・・・(T_T)

理由は「疲れ」。

何せ1泊2日のボーイスカウトの隊集会に参加した直後(そんなときまでやらなくても・・・)。

身体がくたびれていることは分かっていたのですが、脳も疲れていたのですね。

「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」と言う格言がありますが「健全なる脳みそも健全なる肉体に宿る」ようです。

2007年2月25日 (日)

無事終了

昨日から今日にかけてちょろちょろ携帯で投稿していた「温泉サイクリング」。

スカウトたちの頑張りで14時には浜松科学館前に到着。

人間も自転車もトラブルなく無事終了しました。

グリーンバーたち成長してます。

先頭が次長、見習いたちを中堅がかこみ、班長はしんがり。

初日は遅れがちなスカウトを班長がフォローし、次長はペースを調整しながら進みました。

それでも予定より1時間早く到着。

今日も次長先頭・班長しんがり。

見習いたちもサイクリングに慣れてスムーズに進みました。

集団での走り方もスマートになりました。

やはり「習うより慣れろ」ということでしょうか。

スマートでスムーズな走りのおかげで予定より2時間早く到着。

スマートであることは効率も良いということですね。

今回もスカウトたちの力に感服。

無事終了してほっと一息です。

Imgp08291 写真は出発前に自転車を点検するスカウトです。

事前点検がよかったのか、自転車のトラブルもありませんでした(^^)

温泉サイクリング5

温泉サイクリング5
昨日完走した自信からか、それとも単に慣れたのか?
とても順調です。
現在、志都呂を東進中。

温泉サイクリング4

温泉サイクリング4
9:50に三ヶ日青年の家を出発。
浜名湖を南下中です。
夕べの温泉の効果なのか、みんなめちゃめちゃ元気です。
現在、動物園付近を走行中。

2007年2月24日 (土)

温泉サイクリング3

温泉サイクリング3
14:30全員無事に三ヶ日青年の家に到着しました。
脱落者ゼロ!
みんな、お疲れさま。

温泉サイクリング2

温泉サイクリング2
もうすぐゴールです。
見習いスカウトがバテ気味ですが、みんなで励ましあって、完走目指します。

温泉サイクリング1

温泉サイクリング1
9時に遠州灘海浜公園を出発して、スカウト達は浜名湖自転車道を順調に北上中です。
舘山寺通過しました。

2007年2月23日 (金)

静かな空間

今日は殿(夫)といっしょに庭掃除をする予定でしたが、あいにくの雨。

庭掃除を断念して秋野不矩美術館に行って来ました。

我が家から車で50分ほどの静かな山間にある小さな美術館です。

周囲の山に溶け込むようなすてきな建物です。

コンクリート建築だそうですが、壁は漆喰だし、階段は土壁風、木もふんだんに使われていてとてもいごこちのいい建物です。

ごっつい荒削りの木材を使った「自動ドア」を入ったところで靴を脱ぎ、スリッパに履き替えます。

さらに主展示室に入るときにはスリッパも脱ぎます。

展示室の床は籐のござの部分と漆喰に大理石を埋め込んだ部分があり、とても踏み心地がGoodです。

展示もさることながら、この建物が魅力で何回も訪れてしまいます。

今の展示は「秋野不矩と日本画の未来展」。

秋野不矩さん以外は現役で活躍中の作家さんの作品展示でした。

日本画独特の色使いにほれぼれ(*^。^*)。

加えて、秋野不矩さんの作品の若々しさ、力強さに圧倒されました。

やっぱり本物はいいわぁ・・・・しみじみ

雨だったせいか来場者も少なく、建物のたたずまいにふさわしい、静かで豊かな時間が過ごせました。

2007年2月22日 (木)

大きいことは・・・

ヨガ友達のTさんとOさんは、県外出身。

私は、生まれも育ちも地元。

その関係で「この辺りで面白いところとかある?」とよく聞かれる。

いや~、地元民って名所とかよくわからないんですよね~(^^;

それで、ない知恵絞って思いついたのが「大油揚げ」と「大あんまき」。

どちらも「奥山半僧坊」門前町の名物です。

「どんなの?」と興味津々の2人に対して、私の説明は「油揚げは、このくらいの大きさでが~んって感じ。」「大あんまきは、このくらいでどーーーんって感じ。」・・・・・(--〆)

ああ、ボキャブラリーが少ないこの身が情けない。

そこで、来週本物を見に行くことにしました。

・・・それにしても名物がそろって「大」がつくのはどうしてなのでしょう??

2007年2月21日 (水)

「飛ぶ教室」新年会

「飛ぶ教室」というのは、児童書を中心とする読書会の名前。

私はお仲間に入れてもらってかれこれ10年になるが、ここ2~3年はすっかり「幽霊会員」。

それでも新年会には参加する。

なぜなら「課題本の選定」があるからだ。

あらかじめ会員が「これぞ!」と思う本を推薦し、リストアップしてある。

今日はそのリストに挙がっている「推薦本」のプレゼンと投票がある。

毎年のイベントだが、これが盛り上がる。

なにせ、本に関しては一家言ある人ばかり。

推薦の言葉にも、力がこもる。

実際の本を手に熱く語る。身振り手振りで本の素晴らしさを伝えようとする。

曰く「ほら、この表紙からして、わくわくするでしょう?」「○○さんの本と言ったら、やっぱりこれを読まなくては」「誰もが知っているけど、もう一度じっくり読んでみませんか?」などなど。

本日の一番のプレゼンの一言は「この本を選んでください。もし、選ばれなかったとしても、絶対に読んでください!!!」

この方の推薦本は見事選ばれました。

私の推薦本は落選。まあ、みなさんに本をご紹介できただけでも良いのです(^^)。負け惜しみではありません。

さて、推薦本は全部で絵本8冊、児童書22冊、小説・その他18冊でしたが、その中から選ばれた「課題本」をご紹介。

絵本(2冊):「チムとゆうかんなせんちょうさん」 エドワード・アーディゾーニ作

       「ゆきのひ」(ピーターシリーズ) エズラ・ジャック・キース作

児童書(7冊):「台所のマリアさま」 ルーマ・ゴッデン作

         「時をさまようタック」 ナタリー・バッビド作

         「人形たちの旅立ち」 長谷川摂子作

         「たのしい川べ」 ケネス・グレーアム作

         「ヒーローのふたつの世界」 マーガレット・マーヒー作

         「百枚のドレス」 エレーナ・エスティス作

         「川べのちいさなモグラ紳士」 フィリパ・ピアス作

小説・その他(2冊):「しゃべれども しゃべれども」 佐藤多佳子作

            「流れる星は生きている」 藤原てい作

来年度も本の世界で、たっぷり楽しめそうです。

2007年2月20日 (火)

あちらを立てれば・・・・

今日の団リーダー会で出た話。

「リーダーが隊集会を一生懸命やると、保護者から『大変そう』といわれてしまう。自分は楽しんでやっているし、ぜんぜん大変じゃないのに・・・。なんだか保護者との距離を感じてしまった。」というもの。

ボーイスカウトのリーダーは、元保護者の人が多い。

上記の発言のリーダーは、去年まで保護者だった人。

9月から副長をしているのだが、たった半年で保護者との距離を切実に感じている。

なぜだろう?

だって、リーダーだって保護者なんだよね。

家に帰れば普通のお父さん、お母さんなのだ。

制服を着ているから?「隊長」「副長」なんて呼ばれるから?えらそうにしているつもりはないけど、そんな風に見えてしまうのかな?

距離を埋めようとして熱心にスカウト運動の話などすれば、ますます距離は開いていく。

かといってほったらかしにしておけば、スカウト運動への理解は得られない。

熱心に活動をしていれば「たいへんそう」といわれ、余裕のある活動だと「手抜き」と言われかねない。

あちらを立てれば、こちらが立たず。

まあ、隊集会や保護者会のとき、リーダーを捕まえて遠慮なくおしゃべりをしてくれれば、リーダーだってただのおじさん、おばさんだって分かると思うけど・・・。

最後にS隊長のコメントをご紹介。

「自分の子供が(スカウトであることで)自分自身の世界を広げているんだから、保護者の人も、積極的に(スカウト活動に)飛び込んできてほしいと思うんだよね。そうすれば、(保護者の)世界も広がるんだから。」

「このチャンスを逃すのは、もったいないと思うけどなぁ・・・」

私もチャンスを逃さなかったので、世界が広がりましたよ。

リーダーなんて誰だってできるし、やってみれば楽しいものです。

ねっ、Y副長!

2007年2月19日 (月)

子供の力

ボーイスカウトと関わっていて、いつも感じることがある。

それは「子供は子供から学ぶ」ということ。

スカウトは仲間の言ったこと・やったことから、本当に多くのものを学び取る。

子供が子供から学ぶことは、私たち大人が提供する色々な技術や知識をはるかに超えている。

大人では教えることのできないことを心と体で学んでいく。(決して「頭」で学ぶのではない!)

すべての子供には「自ら学ぶ力」が備わっているのだ。

その力が安心して発揮できる「場」の提供が、私たち指導者の役目なのだと、やっと近頃感じられるようになった。

ところで、様々な問題から教育改革が言われているが、改革を考えていく上でもっともっと「子供の力」を信じて、それを生かせる方法を考えたらどうだろう。

大人の浅知恵を押し付けるより、ずっと生き生きと学んでくれるような気がするのだけど。

2007年2月18日 (日)

殿のアルバム 更新

Img_4953 私自身はブログに載せる写真も撮り忘れるほどですが、殿(夫)は最近写真に凝ってます。

一昨年キャノンのEOSデジタルNを、今年EOSデジタルXを購入。

あれこれ撮影を楽しんでします。

そこでブログの一角を「殿のアルバム」として、貸してあげることにしました。

本人気に入ったらしく、本日あれこれ追加。それぞれの写真にコメントもつけたようです。

よかったら、覗いてみてください。

2007年2月17日 (土)

誰にも言えない・・・

買ってきました「脳トレ」!

う・ふ・ふ♪と鼻歌交じりでパッケージを空け、さっそく挑戦!

「あか!」「くろ!」とDSに向かって叫ぶ私。かなりお間抜けです。

その上結果が「××歳!!」。

ぐわ~~~~ん(--〆)!

××の部分は、とても公表できません。

松島菜々子さんのCMを笑って見てたけど、他人事じゃありませんでした。

毎日、せっせとトレーニングせねば!

Imgp0719 そうそう、ついでに「プヨプヨ」も購入。

画面がちっちゃくて、ちょい辛いです。

2007年2月16日 (金)

文明開化?!

我が家にも、やっと来ました。

Imgp0715 Nintendo DS lite です。

これが手に入るまでには、2年の歳月がかかりました。

何せグリーンスタンプを貯めて、もらったのですから(#^.^#)。

それにしても、ちまたでは「手に入らない!」と噂のDSですが、あるところにはあるんですねぇ。「この商品は、遅れます」と連絡が入るのを覚悟していたのですが、あっさりと送られてきました。

さっそく使いたいところですが、現在の我が家にはソフトがありません。

近日中に「脳トレ」あたりをゲットしたいと思います。

いや、他の人にとっては「いまごろ何騒いでんの?」ってなことでしょうが、我が家はPSⅢもWiiも(それ以前のゲーム機も)ないので、今回のDSゲットは「文明開化」と言える出来事なのでした。

2007年2月15日 (木)

今日も今日とて・・・

今日は木曜日。またもやヨガの日です。

ヨガって本当は毎日したほうがいいものなんですよね。

でも、私は怠け者なので、木曜日の90分間しかやりません。だめじゃん!

それでもちょっぴりずつ身体が柔らかくなっています。

これも、柔らかい声と優しいお言葉できびしい指導をしてくださるU先生のおかげです。ありがとうございます。これからも、ご指導よろしくお願いします。(って先生はこんな劣等生はいやかも・・・)

ヨガをやってて面白いことは、自分の身体がすご~~~く怠けていたことが実感できること。

身体のありとあらゆるところが、硬いです。

例えば「足首」。

普段だと全く気にしない部分ですが、ここが硬いためにとれないポーズがいっぱいあります。今日なんて、ポーズとりながら「いてててて・・・」とうめいてしまいました(~_~;)。

できないながらも身体中のスジが伸びていく快感は、病み付きになるのでした。

2007年2月14日 (水)

失踪とうつうつと逃亡

タイトルを見て何のことだか分かったあなたは、かなりのマニアです。

それぞれ「失踪日記」「うつうつひでお日記」「逃亡日記」というのが、正式のタイトルです。

著者は知る人ぞ知る「吾妻ひでお」さん。Imgp0709

「失踪日記」で「日本漫画家協会賞」や「手塚治虫文化賞」などを受賞したので、ご存知の方も多いかも。

とにかく面白いです。

「失踪」も「うつ」も「逃亡」も悲惨なことで、そのことを「おれはこんなに苦しかったんだ~!」と声高に主張する著作は多いですが、なんだかあっけらかんと第三者的に描いています。(「失踪日記」の冒頭、本人が「リアルだと描くの辛いし、暗くなっちゃうしね」と言っています)

「不条理日記」や「やけくそ天使」のひそかなファンだった私。

今でも「吾妻ひでお」健在!(復活?)を感じます。

・・・・・・手塚治虫さんが吾妻さんのことを「天才」とおっしゃったそうですが、天才ってどこか破綻してるんですねぇ。でも、その危うい感じが「不条理」のころのドキドキ感をかもしだしていたことを、思い出しました。

2007年2月13日 (火)

殿のアルバム

「殿のアルバム」を作りました。

殿(夫)は昨年EOSを購入。

被写体をしぼりきれずあれこれ挑戦していましたが、最近、近所にやってくる「鳥」を撮るのが楽しみになっている様子。

Img_5337 けっこうたまってきたけど、発表する場がないというので、このブログに間借りさせてあげることにしました。

暇なときにぼちぼちUPしていきます。

2007年2月12日 (月)

補助者の補助

昨日はビーバー隊の隊集会に、行ってきました。

実は我が家の殿(夫)はビーバー隊の補助者。

主な任務は、HP用写真の撮影。

ところが、昨日は休日出勤。そこで「補助者の補助者」ということで、私が写真を撮りに行ってきました。

久々のビーバーちゃん、小さいです。

スカウト全員が、PPシートの上で工作しています。う~ん、省スペース。

行動範囲も狭いです。体育館の半面で充分です。

あ~、かわいい♪

すっかり、癒されて帰ってきました。

隊集会の内容はそのうち団のHPにUPされると思いますので、そちらをご覧くださいね。

それにしても、T隊長はすっかり「隊長」が板に付きましたね。

副長さんたちの動きもいいし、楽しいビーバー隊だね。

Imgp07011 そんでもって、補助者の補助は写真を適当に撮って、とっとと帰ってきました。(殿のように、うまくは撮れませんでした(ーー;)

身体の柔らかさの競争をする隊長とスカウト。若い隊長ならではだね。

2007年2月11日 (日)

スカウティングの目指すもの

ボーイスカウト運動の目的は?と聞かれた時「よりよき社会人の育成」ということが、頭に浮かぶ。

「でも、よりよき社会人って?」というのは自問するところ。

未だに自分の中では「これが正解!」と言う結論には行き着いていない。

でも、近頃、「あ、これかも?!」というスカウティングの実践例に行き当たった。

スカウト経験者の25歳のS君は、昨年9月からベンチャー副長として後輩への奉仕をしている。

彼は「自分はスカウトをやっていて、とても得るものが大きかった。だから、後輩に奉仕して、恩を返したい」と言う。

また「ベンチャースカウトがやりたいことを、自分の能力や知り合いをできる限り使って、実現させてやりたい」とも言う。

実際、彼はスカウト運動に全く関わってない人をも巻き込んで、ひとつのプロジェクトを完成させようとしている。

彼はベンチャースカウトに「とにかくやってみろ。壁に当たったら、それもいい経験だ」とアドバイスする。

それによって、ベンチャースカウトは大きく成長した。現実の厳しさも知り、回りの人たちの温かい励ましも知り、自信もついた。

S君は「自分は難しいことは分からない」といいながら、自然体で「他への奉仕」も「アダルトリソーシス」も実践していく。

彼こそ「よりよき社会人」の実現例ではないか・・・と思う。と同時に、彼のような若者を育てたK隊長がうらやましいと思う。

自分は何人の「よりよき社会人の育成」に貢献できるだろう。

その何百分の一でもいいから、関わって行けたらと思う。

2007年2月10日 (土)

「納豆」も「機械」も

この二つの騒ぎって、実は同じ根っこじゃないかと思う。

要するに「TVは嘘つかない」という「神話」を信じてしまっている点。

「納豆」だって、もちろん偽報道はいけないけど、あんなに誰も彼もが納豆信者にならなくたっていいし、何回も言うように「産む機械」報道だって、講演の様子をちゃんと見れば目くじら立てるようなことでもない(少なくとも、国会の大事な審議をほっぽり出すようなことじゃない)。

報道する側のモラルはもちろん、受けて側の問題もゼロだとは思えない。

「情報化社会」と言われて久しいけど、その情報を取捨選択したり、解釈したりする能力がまだ未熟だから、眉唾な健康報道や一部分だけ強調して騒ぎ立てる報道に、振り回されている。

昨日の「太田光の私が総理大臣になったら・・」という番組で、「産む機械」のことが取り上げられた時に、太田光は「言葉尻だけ捕らえすぎている」「あの言葉が問題なら、自分たちはもっとひどいことを言っている、それはどうなんだ」と言ったが、全くその通り。

情報を出す方は商売なので、騒げば売れることを承知で情報を操作してくることを、私たちはもうちょっと考えてもいいと思う。

2007年2月 9日 (金)

がっかりだよ。

「産む機械」発言。与党はひたすら謝っちゃいましたね。

はっきり言って「がっかり」です。

前にも書いたけど、柳沢さんの発言全体を捉えればそれほどひどいことを言っているとも思えないんですけど。

でも、本人も首相も与党も平謝りですね。

あんなに謝られちゃうと、擁護していた自分が馬鹿みたいに思えます。

もうちょっと、毅然とした態度は取れないものでしょうかね。

某党の女性党首なぞ「私の意見はすべての女性の意見です!!」みたいな感じで「毅然」としていましたよ。あれはあれで「何か違う」とは思うのですが・・・・。

いずれにせよ、この話はこれでお終い。野党も恥ずかしげもなく国会に戻ってきたしね。(国会をサボっていたときの給料は払われるのか、ちょっと気になってますが)

2007年2月 8日 (木)

今日のお楽しみ♪

今日は「スジのばし」(ヨガ)の日。

今日もU先生は、笑顔でビシバシ指導してくださいました(~_~;)。

スジのばしの後は「お楽しみ」。

いっしょにヨガに通っているTさん、Oさんとランチです。

Tさんはおいしいもの大好きで、いつもおいしいところ情報を用意してくれます。

彼女の今日のお勧めは名鉄ホテル浜松の和食レストラン「四季」

木曜はレディースデイで15%オフでした(^_^)v。Tさん、ありがとう。

私が頂いたのは、「遠州御膳」。食前酒・デザートも含め10品セットでご機嫌でした。桜海老のかき揚げが、おいしかったぁ。エシャロットのてんぷらには、びっくりでした。

ブログ初心者の私は、写真のことなどすっかり忘れてすっかり平らげてしまいました。だめだめです。

その後「焙煎屋」に移動して、おいしいコーヒーを堪能しました。

ここでも、写真を撮れませんでした。せめてもに、ここで買ったコーヒー豆の袋の写真をUPします。Imgp0487

このお店では、注文してから生豆を焙煎してくれるので、とってもいい香りのコーヒー豆です。明日の朝、さっそく淹れてみようっと(^^)とっても楽しみです。

Imgp0485_1 そうそう、コーヒー豆の写真を撮っていたら「ボクも撮って」とシロがポーズをとっていましたので、そちらの写真もUPしておきます。

きりっとして、なかなかいいオトコに撮れてるでしょ?・・・・親ばか!!

2007年2月 7日 (水)

悩める子供と大人に読んでほしい本

Imgp0478 本屋さんで出会って、すぐさま手にとりました。

マイケル・ローゼン作 クエンティン・ブレイク絵 谷川俊太郎訳

「悲しい本」です。

内容は、ひとりの男性の悲しみをひたすら追っていきます。

文章はとても簡潔。絵もシンプル。

文章をだけなら、5分もあれば終わってしまいます。

でも、この本の中には深い「悲しみ」が詰まっています。

ことばでは、言い表せません。

中学生以上の青少年や大人にも読んでもらいたいと思います。

文章もですが、クエンティン・ブレイクの絵が内容にさらに深みを加えています。

是非、ご一読ください。

もう、何と言っていいやら・・・

柳沢さんの発言、またも話題になってます。

今度は「子供二人が健全」と言ったことになってますが、「(若い人たちは)二人くらい子供を持ちたいと思っている健全な状況」なので「それに対応できる対策を・・・」と続くわけで、ここまでくると悪意を持って文章をぶっちぎっているとしか思えないのは、私の考えすぎ?

まあ、首相もおっしゃっているように「もうちょっと全体的な文脈を捉えて」ほしいわけです。

そうだ!ここはひとつ「国語力」をみるために、マスコミ関係者の「学力テスト」を実施してみたらいかがでしょう。

政治家の先生方もいっしょにね。

結果が高得点なら「わざと偏った捕らえ方をして、騒ぎを大きくしたかった」わけだし、得点低ければ「頭が悪いので仕方ない」・・・・って、おい!

2007年2月 6日 (火)

いつまでつづく・・・

「産む機械」発言については前にも書いた通り、野党も与党も「いいかげんにしろっ!」って感じ。未だに、決着付かず。

他にやることないんかい!

野党が国会をさぼっている間に、与党はこれ幸いと審議を進めている。与党が絶対多数なんだからわかりきっていたこと。

柳沢さんの今回の発言がなかったら、野党はどう攻めるつもりだっんだろう。

事務所費の不正請求?

でも、これだと野党もやってるから攻められないよね。

まさに、今回の発言は「渡りに船」の状態だったんだねぇ。

でも、高い給料もらっていながら国会サボってるって、どうなの?

サラリーマンならとっくにクビよ。

ああそうか、それでN県辺りの公務員が「病欠」で何年も仕事してなくても、給料もらえてたのかぁ。・・・・・・あんたらの給料、私らの税金だよ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

2007年2月 5日 (月)

お散歩

我が家にはシバ系Mixの犬がいる。

名前は「しろ」、10歳、オス。Imgp3111

毛色が白いかというと、さにあらず。8割は「茶色」。ただ、お座りをしたところを正面から見るとたしかに「しろ」。・・・・まあ、シロでも許されるかな?

私は毎朝彼とお散歩。

しっかりしつけができなかったので(^_^;)、お散歩は彼の気の向くままです。

・・・・で、最近のお楽しみ。

朝のお散歩の時に、野鳥を色々見かけます。

「ムクドリ」「スズメ」「ドバト」は1年中見られますが、最近は「ヒヨドリ」「メジロ」が登場。特にメジロは群れになってにぎやかに飛びまわっています。

今朝は新たに「モズ」を発見。電線で「チィ~、チィ~」と特徴的な鳴き声を響かせていました。あ~、写真に撮れたらなぁ・・・。

でも、片手にシロのリード、片手に「う○ちとりスコップ」では、無理なのでした。

2007年2月 4日 (日)

地図以前の問題

おいしいものをたらふく食べたので、2月隊集会の下見に行きました。

目的地はここ20070204154515

普通に行けば、我が家から30キロ位の場所です。

、今回は「サイクリング」。

スカウトの技能と安全を考えて、Y副長が選んだルートはとっても大回り。

しかも「自転車専用道路」使用のため、車での下見はちょっと厳しい?!

まあ、何とか目的地にたどり着いたんですが、地図も見ずに記憶だけで出かけたので、道に迷うこと3回。1回など、どんどん山の中に入っていくものすご~く細い道に迷い込み、ものすご~く苦労してUターンしてきました。

「地図の読めない女」という本がありましたが、それ以前の問題でした。

う~ん

ブログを始めて、そろそろ1週間。

私のブログって、なんだか地味(--)

・・・・・・・・・・・

そうだ、何か写真を貼ろう!

ということで、本日写真を初UP。

20070204120429_1 今日のお昼に家族で出かけたバイキングでのデザートです。

ここは、もともとパン屋さんだったレストランなので、パンやケーキがとってもおいしい(^^♪

いっしょに行ったダンナと息子に「お母さん、まだ食べるのぉ・・・」とあきれられながら、おいしく頂きました。

ああ、し・あ・わ・せ(^◇^)

2007年2月 3日 (土)

スカウティング・セミナー

今日は午後から「スカウティングセミナー」。要するに指導者の研修会です。

こんないいお天気の日に、室内研修(T_T)。しかも内容が高度すぎて、私にはちと荷が重い。

テーマは「使命声明」・・・・主任講師のIさ~ん、これって一介の隊指導者が考えることなんですかぁ・・・・っと愚痴りながら、課題を話し合いました。久々に脳みそフル回転。(ボケ防止にはいいかもね)

その上、大嫌いな「発表者」に選ばれ、しどろもどろ・・・・。S隊長、高度な質問はご勘弁。A隊長、フォローありがとうございました。それにつけても、自分の無能ぶりと、スカウティングの奥深さを実感しました。

最後のK地区コミの「生産物」の話がわかりやすかったです。

それにしても、M副長はいつも本質的なところを突いてきて、すごい!こういうときは、経験年数なんて、何の意味もないことを痛感します。

*ものすごく個人的な覚書なので、深く考えないでスルーしてくださいね。

産む機械って・・・Part2

案の定やりましたね。補正予算、強行採決。自民党が圧倒的に多いんだから、こうなることは野党も分かってるはずなのにねぇ。反対したかったら、台湾の国会みたいに靴投げてまで反対してみろ・・・・などと過激なことを考えてしまいました。

ところで、先日書いた「産む機械」発言の詳細がここに載っていますので、興味のある方はちょっと読んでみてくださいね。

柳沢大臣は無頓着に「機械」といったわけじゃないと私には思えます。(けっこう気を使ってるよね)それなのに、部分的に取り上げて大騒ぎするってどうなの?マスコミ、偏ってないかい?

なんだかマスコミにいいように操られている「世論」、その「世論」に媚を売る「政治家」ってな構造を、目の当たりにしたような思いです。

やっぱ政治の世界って、魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界だわぁ。くわばら、くわばら・・・

2007年2月 2日 (金)

グリーンバー会議

今日「グリーンバー会議」がありました。

「グリーンバー」とは、ボーイ隊の班長・次長のことです。彼らの記章が「緑の線」なので、このように呼ばれるようです。

班長3人とリーダーで、2月隊集会について色々話し合いました。

2月は「温泉サイクリング」。

温泉とサイクリングが合体したゴージャスな隊集会です。

班長たちには「自転車の点検」という、重い課題が課せられました。

でも、みんな余裕の表情・・・・頼もしいというか、恐いもの知らずというか(^_^;)

今回の会議ではもう一つ重要な議題が!

それは「グリーンバーキャンプ」。

ベンチャー隊のT君が、頑張ってます。

隊集会の打ち合わせが終わってから、T君と班長3人で話し合い。実に楽しそうです。

本番も楽しいキャンプになるといいね。

*ボーイスカウトについて、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

すじ痛

身体の筋肉が痛くなるのが「筋肉痛」なら、今の私は「すじ痛」。(^^;

身体のあちこちの「すじ」が痛い。    それは「ヨガ」のせい。

私は昨年の4月から、週に1回だけ「ヨガ」の教室に通っている。

きっかけは友人・Tさんが「健康のために何か運動しよう」と誘ってくれたため。最初彼女が誘ってくれたのが「エアロビ」・・・・。

う:「う~~~ん、いきなりエアロビは無理!」

Tさん:「じゃあ、何ならいいの?」

う:「ヨガ・太極拳・気孔のうちのどれかならいい」

Tさん:「太極拳と気孔はやりながら笑いそうだからNG」

う&T:「じゃあ、ヨガだね」

ということで、さっそく2人で「社会保険センター」へ見学に。

見学したクラスは、平均年齢60歳くらい。先生もゆったりペース。うん、これなら運動音痴の私にも付いて行けるわ。と、さっそく申し込むことに。

2人のスケジュールの関係で、木曜日の教室を申し込んだら、先生が違う!生徒もみんな若い(平均30代前半?)!ま、どうにかなるでしょ・・・と「住めば都主義」の私はお気楽に参加。

ところが、甘かったんですねぇ。色白美人でスタイルもいいU先生は、にっこり笑顔と優しい声できびしいポーズを要求されます。(^^;

身体が人一倍硬い私は、いつもちょっぴりなみだ目になりながら、ポーズをとってます。

んで、翌日は確実に「すじ痛」(#^.^#)。

でも、週に1回の「すじのばし」(ヨガのこと)にせっせと通う私。

いつの日か、床にぺったり手のひらが付くことを夢見て・・・・(目標低すぎ)

2007年2月 1日 (木)

産む機械って・・・

ちまたでは柳沢大臣の「女性は産む機械」発言が問題になってますね。

う~ん、当初の新聞記事を読んだ限りでは「産む機械」という単語は使われてなかったような。確か「人口が減って機械の数が限られているのだから、(機械)1台辺りの生産数を上げてほしい・・・云々」だったと思います。

言いたいことは分かる。「人口が減っちゃってるんだから、『子供は1人でいいわ。』なんていわずに2人、3人と産んでね。」という感じでしょうか。分かるんだけど、いかんせん表現が・・・・(--〆)

どうして、言っちゃったかなぁ。

ご本人も言った直後に「まずい」と思ったらしく、壇上で謝罪したというんですけどね。普段思ってもいないことは、言わないはずで。やっちゃったね。(時期も悪かったしね)

でも、野党もなんだかなぁ・・・。「あいつがやめないなら、国会でないもんね」攻撃ばかり。

他に言うことないんかい!!

なんだか相変わらず政治は庶民からは遠いわぁ。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ボーイスカウト関係リンク

殿のアルバム3

  • 20160405_静岡空港初利用ミッション・那覇往復完了ナウ!
    殿のアルバムも第3弾になりました。

殿のアルバム2

  • 20150115_天将にて ナスとニンニクのはさみ揚げ
    アルバムを追加しました。 新しい写真は、こちらにUPしていきます。

殿のアルバム

  • 20130921 タオルをくわえて「散歩をアピール」
    我が家のご近所のあれこれの写真をアップしていきます。 (写真をクリックするとコメントが見れます)

最近読んだ本